プログラム表紙(クリックで拡大)

 自由学園は2009年から毎年、東久留米市の広々したキャンパスで「南沢フェスティバル」を開いてきました。幼児生活団(幼稚園)から初等部(小学校)、女子部と男子部(ともに中等科・高等科)、最高学部(大学部)が参加して楽しいイベントを繰り広げます。地域住民も楽しみにしています。今年は5月20日でした。どんな催しがあったのか。会場を歩いて体験した東久留米市在住の渡邉篤子さんの報告です。(編集部)

「国際バラとガーデニングショウ」は5月23日まで

 国内最大規模のバラとガーデニングの祭典「国際バラとガーデニングショウ」が5月18日から23日まで、埼玉県所沢市のメットライフドームで開かれている。約100万輪のバラの花が愛好家たちを迎える。今年で20回目の開催となる。

 西東京市を中心に活動しているノーザンシックス・ビッグバンドのミニコンサートが5月6日午後、ひばりが丘Parco店頭のイベントスペースで開かれた。約40分の2ステージに200人を超える人たちが集まり、大人からベビーカーに乗った子どもまで笑顔と拍手で演奏を楽しんだ。

よいしょー! もうすぐとれる

 西東京市下保谷四丁目の旧高橋家屋敷林で4月30日、タケノコ掘りの催しがあった。地域に住む親子連れ約20人が集まり、小学生らは力いっぱいタケノコを掘り起こした。

気温は27度。いこいの森公園は木陰が多く、暑い日も過ごしやすい

 西東京市のいこいの森公園で4月21日「ガーデニングDAY そら・はなパーティー」が開かれた。ガーデニング好きな人はもちろん、大人も子どもも楽しめる緑と花のイベントだった。

西東京商工会の高野さん(手前右)、皆川さん(右奥)、下川さん(手前左)、パーソナリティの渡辺さん(左奥)

 第4回西東京商工まつりを主催する、同商工会関係者の皆川卓哉さん、下川隆さん、高野哲也さんが4月21日、西東京市芝久保町のFM西東京生放送番組「ウィークエンドボイス」に出演した。

 トップページに掲載してきた「近隣公演案内」を3月いっぱいで終了し、4月から西東京市内の保谷こもれびホールと多摩六都科学館のバナーを掲載します。場所は、トップページ左欄の関係機関・団体リンクの上になります。今後は両施設の催しを随時紹介する予定です。ご期待ください。

駄菓子でできた食べられるトーチ

 西東京市の「駄菓子屋ヤギサワベース」と東久留米市の「だがしやかなん」が3月12日、「だがしの日」を記念して「製菓リレー」を敢行した。19kmの行程を3時間かけて走るイベントはどのように進んだのか。「市民ライターになる講座」に参加した渡邉篤子さんの報告です。(編集部)

公園のアプローチで河津桜がお出迎え(3月7日撮影)

 西東京いこいの森公園の桜マップが出来上がった。園内の桜の木が番号入りで地図に記され、写真と説明付きのサクラ図鑑も載っている。

Flower Basket入口(写真は筆者提供)

 西東京市南町3丁目の閑静な住宅街にある一軒家「Flower Basketホームサロン」で毎月1回、ガーデンカフェが開かれている。今月13日は季節の草花販売などをするガーデニングショップなどもあった。

上映会のプログラム(クリックで拡大)

 芝久保公民館主催の創作講座「安房直子の童話で影絵劇をつくろう」(全15回)が昨年開かれ、完成作品が11月の芝久保公民館まつりで上演された。半年近い長丁場の協働作業によって、西東京市在住だった児童文学作家安房直子さんの作品世界が、光と影の織りなす影絵劇に生まれ変わった。講座に参加した人たちは1月半ばに振り返りの会合を開き、2月には有志が影絵づくりの自主活動を続けることになった。この間の創作の苦労と喜びをまとめた高橋眞理子さんの報告です。(編集部)

 

晴天に恵まれた西東京市民まつり

 第17回西東京市民まつりが11月11日と12日、市内緑町のいこいの森公園で開かれた。晴天に恵まれた2日間、市内外から15万人(主催者集計)が集まり、商店や団体の出店を訪れ、野外ステージや路上のパフォーマンスを見物したり応援したり。大がかりなまつりのひとときを楽しんだ。

パネル展示を見る来場者(筆者撮影)

 小平市でサークル活動をしている団体が展示や体験会を通じて自分たちの取り組みを紹介する「中央公民館サークルフェア2017」が11月3日から5日まで小平市小川町の中央公民館で開催された。

ご近所さんもやって来た

 西東京市立中原小学校の「おやじの会」が今年10周年を迎え、地域の人たちや近隣団体と一緒に10月1日、「みんなのひばり祭」を開いた。会場はひばりが丘団地内のコミュニティーハウス、ひばりテラス118と、隣接の公園。父親の職業を知ってもらう体験イベントが開かれ、手づくりの出店が並ぶ。好天に恵まれたお祭は、近所の人たちで賑わった。

エーデルワイスムジカンテンの演奏で乾杯

 世界最大のドイツのビール祭りを再現した「こだいらオクトーバーフェスト2017」が、9月30日と10月1日の2日間、小平市花小金井6丁目の東部公園で開かれた。市内の大学生を中心とした実行委員会が地域活性化につなげようと開催した。今回で2回目。昨年とほぼ同じ約15000人の来場者が訪れ、異国情緒あふれる雰囲気を満喫した。