講師の賀陽智之さん

講師の賀陽智之さん

 ひばりタイムス主催の写真セミナーが10月15日(土)と23日(日)の夜、コール田無会議室で開かれます。「もっとうまくなる写真再入門-ステップアップの取材撮影」です。講師は、田無神社宮司の賀陽智之さん。そう、宮司さんは凄腕のカメラマン! なんです。予約先着制。>>詳細<<を見て、早めに申し込んでください。(編集部)

 

 ひばりタイムス講演会「暮らしやすい政策を求めて」が7月3日(日)午後1時30分から西東京市柳沢公民館で開かれます。講師は『景気とは何だろうか』『アベノミクスと暮らしのゆくえ』(ともに岩波書店)などを書いた元神戸大大学院教授の山家悠紀夫さん(「暮らしと経済研究室」主宰)です。詳細>> 講演会開催のお知らせ

 ひばりタイムスがスタートして初めての正月を迎えました。  昨年のニュース活動は手探りの試行錯誤でした。それでも頼もしい書き手に恵まれ、地域報道サイトがたくましく育ちました。新年は市民ライターの役割が一層大切になります。地域体験の報告がサイトを賑わせるように、セミナーや講演会も併せて、活動の充実に努めたいと思います。

2016年元旦
ひばりタイムス編集長 北嶋孝

 

 文章を上手に書きたい、書き方のコツを会得したい、子育て体験をブログで伝えたい、記事を載せたい、マスコミの世界ものぞきたい-。そんなあなたにピッタリの「伝える文章を書くセミナー 2015」(全2回)が始まります。ひばりタイムス編集長が、みなさんの文章表現の悩みに応えます。この機会に、思い切って参加してみませんか。少人数限定のワークショップ形式です。第1回9月20日(日)、第2回10月11日(日) 、ともに13:30~16:00。会場は、ひばりが丘公民館講座室2 です。 詳細を見る>>

 

 ひばりタイムスが今年2月半ばにスタートしてから半年が過ぎました。掲載した記事は計186本に上ります。スタート前に書きためていた記事が相当数あるので、始まってからはほぼ2日に1本の割合でしょう。 このなかで、どんな記事がよく読まれているのか、アクセス順位を公開します。といっても、順位とアクセス数を表すプラグインを設置したのが4月初めです。それからほぼ4ヵ月間のデータになります。実数はもっと多いはずです。(括弧内は、累計アクセス数)

 メールによるニュースレター「週刊ひばりタイムス」をスタートします。毎週木曜日発行。創刊は5月14日です。本体のWebサイトに、facebooktwitterが加わり、週刊のニュースレターも揃って「ひばりタイムス」のネット発信体制がほぼ整いました。

 ひばりタイムスのfacebooktwitter を始めました。トップページの左カラムにアイコンを掲載しました。クリックしてご覧ください。折々、内外の情報を掲載します。メールマガジン(ニュースレター)も準備中です。しばらくお待ちください。 タイトルロゴのカラーをグリーンに変えました。風薫る5月にふさわしい色合いではないでしょうか。季節に合わせて折々、ロゴのカラーも変えていくつもりです。

2015年5月1日 ひばりタイムス

 

 

 地域ニュースサイト「ひばりタイムス」が2月11日、誕生しました。「西東京と近隣、折おり東京、日本、世界のニュース&出来事」を掲げ、暮らしに必要なニュースや役に立つ情報(「これからカレンダー」)を載せる。編集部の記事だけでなく、参加したイベント、体験した出来事を住民自身が報告する-。そんなメディアを目指したいと思います。年末から書きためたニュースを一挙公開します。

 毎月掲載する「西東京市の散歩道」がスタート。随時掲載のコラム「百音風発」も始まりました。タイトルは中国語の「百音鳥」(ひばり)と「談論風発」を掛け合わせました。広い視野と切れ味鋭い切り口にご期待ください。サイトの趣旨や成り立ちは「ひばりタイムスとは」「サイトの内容と構成」などのページをご覧ください。

(編集長・北嶋孝)