車いすの高橋和廣選手(右)を激励する丸山浩一市長(中央)

 10月初めにスウェーデンでパラアイスホッケーの平昌パラリンピック最終予選が開催される。出場する日本代表チームの西東京市職員、高橋和廣選手の激励会が9月25日、同市役所田無庁舎で行われた。高橋選手は「前回のソチ五輪に出場できなかったので今回は逃がすことは出来ない。選手一堂強い気持ちで頑張りたい」と決意を語った。

岡本侑也さん出演(近藤菜穂子さん撮影)

 世界三大音楽コンクールのひとつ、エリザベート王妃国際音楽コンクールンクールチェロ部門で第2位を受賞するなど、世界に羽ばたく西東京市出身のチェロ奏者岡本侑也(22)さんが9月9日(土)、同市芝久保町のFM西東京生放送番組「ウィークエンドボイス」に出演した。

 

説明するスポーツ振興課の宮坂哲史課長(スポーツセンター会議室)

 西東京市の東町テニスコートが10月末で利用停止になることが、7月20日に開かれた利用者説明会で市から報告された。9月1日から公共施設予約システムで予約できなくなり、年末の解体工事を経て来年1月に地主に返還される。

合奏体験会が始まる

 

 西東京市を拠点に活動している吹奏楽団ドリーム・ウェスト・ウインド・オーケストラ(DWWO)は2007年4月に結成し、今年10年を迎えた。昔習った楽器をもう一度鳴らしたい、聴くだけでなく演奏もしてみたい-。そんな音楽好きの「夢」をかなえた市民楽団だ。新メンバー募集のため7月初めに開かれた「合奏体験会」に出かけた。

 

東町テニスコート

 西東京市の東町テニスコート(東町六丁目1番、約1200㎡)が今年度限りで利用できなくなる。土地所有者が返還を申し出たため。丸山浩一市長と小関俊典生活文化スポーツ部長が6月7日までの西東京市議会で、桐山ひとみ氏(みらい)と田中慶明のりあき氏(自民)の質問に答えた。

 

東京2020組織委員会提供(クリックで拡大)

 

 リサイクル金属で五輪メダルをつくろうと呼び掛ける「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」が西東京市でも始まった。5月末のイベントで呼び掛けたら携帯電話が50個も集まった。丸山浩一市長が6月6日の西東京市議会で、桐山ひとみ氏(みらい)の質問に答えた。

 

椅子の間に屈み身を守る聴衆(こもれびホール、筆者提供)

 西東京市にある保谷こもれびホールで5月20日、コンサートの最中に災害が発生したとの想定で、「避難訓練つきコンサート」が開かれた。親子連れなど聴衆約180人がホール職員の指示の下、真剣な表情で訓練に参加した。

10キロコース よーいスタート!(写真は筆者提供)

 第17回西東京市ロードレース大会が2月11日、田無市民公園と周辺で開かれた。大会は10キロ、3キロ、1キロを走る3種目で行われ、市内外から合計360組、397人が参加した。結果10キロ男子は和田正治さんが34分50秒で、女子は村上美由紀さんが44分10秒でそれぞれ優勝した。

銀メダルを手にするアイススレッジホッケー高橋選手(西東京市提供)

 西東京市職員でアイススレッジホッケー日本代表の高橋和廣選手(38)が、「2016 IPC(国際パラリンピック委員会)世界選手権B-pool苫小牧」(昨年11月29日から12月3日開催)で銀メダルを獲得し、今秋開催予定の平昌(ピョンチャン)パラリンピック最終予選の出場を決めた。

一斉放水(都立東伏見公園)

 西東京市消防団による新春恒例の出初式が8日、都立東伏見公園で開かれた。冷たい空気が張りつめる中、団員227人が参加して5色の一斉放水の演技などを披露した。

稲垣議長が矢口さんと田口さんを紹介(西東京市議会本会議)

稲垣議長(中央)が矢口里菜子さん(左)と田口翔さんを紹介(西東京市議会本会議)

 西東京市議会15周年記念議場コンサートが12月4日(日)に開かれ、同市出身の新進チェリスト矢口里菜子さんとピアニストの田口翔 さんがエルガー、サン=サーンス、バッハらの曲を取り上げた。演奏は午前と午後の2回。各回とも一般公募で参加した約100人の市民が、議場に響く弦とピアノの豊かな調べに耳を傾けた。

23区から参加した小学1年生

23区から参加した小学1年生

 東京の魅力あふれるエリアをウォーキングしながら、スポーツ振興を図る「TOKYOウォーク2016」の第5回大会が11月26日、西東京市、東久留米市エリアで開催された。都内各所から3905人(東京都発表)が集まり、西東京いこいの森公園をスタート・ゴール地点として、武蔵野の歴史と自然を堪能した。 

03%e8%87%aa%e7%94%b1%e5%ad%a6%e5%9c%92%e7%be%8e%e8%a1%93%e5%b7%a5%e8%8a%b8%e5%b1%95%e3%81%a1%e3%82%89%e3%81%97%e5%a4%96%e9%9d%a2

 

 「生活即教育」を理念とする学校法人自由学園(東久留米市学園町)の「自由学園美術工芸展」を知ってもらおうと、学園の大学部学生と男子部・女子部高等科生徒、美術教師の4人が11月5日、西東京市芝久保町にあるエフエム西東京の生放送番組「ウィークエンドボイス」に出演した。

係員が誘導して避難します!

震度6強の地震!との想定。係員の誘導で、観客は館外に無事避難

 災害は時と場所を選ばない。そのときどうするか-。西東京市の保谷こもれびホールで10月15日(土)、いざというときに備える「避難訓練付きコンサート」が開かれた。開演直後に地震が起きたという想定で、ホールの職員らが家族連れの多い聴衆を誘導して館外へ。西東京消防署員らの救助活動が終わった後ホールに引き返し、約160人の聴衆が名曲の調べに耳を傾けた。

160407_paper_design-compressed_450 NPO法人日本・ミャンマーメディア文化協会の設立披露会が9月18日(日)、東京・墨田区のすみだリバーサイドホール・ミニシアターで開かれ、協会が取り組んできた映画「Passage of Life」の「ほぼ完成版」が上映された。西東京市の田無庁舎や市内の居酒屋、アパートなどがロケ地として登場し、在日ミャンマー人一家の苦境と家族のつながりがドキュタリータッチで描かれている。