サッカーJ1のFC東京は5月30日(土)、同チームのFW 武藤嘉紀選手(22)が、ドイツ・ブンデスリーガ1部の「FSVマインツ05」へ完全移籍することに合意したと発表した。マインツは現在、日本代表の岡崎慎司選手も在籍している。西東京市はFC東京の株主となっている近隣自治体の一つ。

保谷調布線

【開通3日後の調布保谷線下保谷トンネル。2015年3月22日撮影】

 東京都は5月14日、西東京都市計画道路3・2・6号調布保谷線のうち、西武池袋線をくぐる「西東京下保谷トンネル」とその周辺約1kmについて、3月19日に開放してから約1週間後の交通状況を発表した。その中で、既設の踏切も撤去され、西東京市役所保谷庁舎付近から下保谷3丁目地先交差点までの所要時間が12分短縮された、としている。

 西東京市向台町3丁目のIHI(旧石川島播磨重工)工場跡地に建てられ武蔵野徳州会病院(鈴木洋通院長)の内覧会が5月24日(日)開かれ、近隣から約7700人の見学者が訪れた。同病院は6月1日(月)オープン予定。徳州会グループの70番目の病院になる。

 

武蔵野徳州会病院

扇田昭彦さん 現代日本演劇の評論分野に強い影響を与えてきた西東京市芝久保町在住の演劇評論家、扇田昭彦さんが5月22日午後9時すぎ、悪性リンパ腫のため東京都小平市の病院で死去した。74歳だった。今年4月ごろ不調を訴え、5月半ばに入院して1週間あまりで急逝した。近親者のみで葬儀。喪主は俳優、演出家の長男拓也さん。お別れの会は7月6日(月)午後6時30分から豊島区池袋の東京芸術劇場中ホールで開く。

さんぽ市01

大勢の人たちで賑わうさんぽ市。撮影:ひばりタイムス

 今年も「やおよろずのさんぽ市」の季節がやってきました。 毎年5月に田無神社で行われている、手しごと作家やアーティストが集まる青空市。こだわりの美味しい飲食店も出店し、境内ではミュージシャンによるライブも行われる、彩りゆたかなお祭りです。

 西東京市(丸山浩一市長)は5月20日(水)、同市特別職報酬等審議会(会長=原田久・立教大副総長、教授)に対して(1)現行の特別職の報酬額の妥当性について(2)期末手当(ボーナス)の年間支給割合を(現行の3.95ヵ月から)4.2ヵ月分に引き上げることについて-の2点を諮問した。同審議会は今後4回程度予定され、審議が進めば夏ごろに答申がまとめられる見込み。市長、副市長、市議会議長、議員ら特別職の給料・報酬は2010年4月に改定されてから変わっていない。

  • 始まる前の、のんびりタイム。

 西東京市のマスコットキャラクターをデザインしたラッピング列車「いこいーなトレイン」の出発式が5月17日(日)、西武新宿線田無駅で開かれた。車内は「見のがしてたね、西東京市」のコピー入り広告が揺れ、8両編成の臨時列車は親子連れなどでほぼ満員の車両もあった。1番列車は午前11時半ごろ田無駅を出発。西武池袋線保谷駅まで、普段は運行されない特別列車の旅になった。

田無病院市民講座

介護保険の使い方を説明する高岡里佳さん。提供:田無病院 禁無断転載

 田無病院(西東京市緑町3丁目)の第1回市民講座「使ってみよう!介護保険」が5月16日(土)午後、同病院1階外来棟の待合スペースで開かれた。介護保険と聞いても、健康で元気な人はなかなかピンとこない。知識だけでなく、介護が必要になったときどのようにしたら使えるか、実際的な方法が分かりやすく語られた。

イラスト= © 手島加江

イラスト= © 手島加江

 在宅介護が続かなくなると、施設に入ることになります。施設と言っても種類はさまざま。今回は「施設に入る(1)」。特別養護老人ホーム(特養)、老人保健施設(老健)、介護療養型医療施設の3つを取り上げます。(編集部)

 

クリックすると拡大

クリックすると拡大

 縄文時代の大規模な環状集落跡地として知られる下野谷遺跡(西東京市東伏見)の保存・活用を考える西東京市教育委員会主催の「住民説明会」が5月12日(火)、市内の東伏見小学校で開かれた。今年3月に国史跡に指定された範囲は、下野谷遺跡公園や隣接農地など住居のない土地。今後は周辺の「指定候補地」住民らに個別に説明、理解を得たうえで遺跡の保存・活用を進めていく方針が明らかにされた。

テープカットが決まった2人。

テープカットが決まった2人。西東京市役所田無庁舎

 いこいーなトレイン出発式でテープカットに参加する小中学生の公開抽選会が5月11日(月)、西東京市役所田無庁舎で行われた。4人の枠に45人が応募。倍率11.25倍の狭き門だった。会場は「当たりくじ」を引いた子どもや親たちの歓声に包まれ、市のマスコットキャラクター「いこいーな」も拍手を送っていた。

会場の文理台公園が賑わった。

【会場の文理台公園は親子連れで賑わった】

 第1回西東京商工まつりが5月9日(土)と10日(日)の2日間、西東京市東町の文理台公園で開かれた。市内の商店など40を超える出店が揃い、食べ物、飲み物、果物、地元の農産物が並んだ。会場のステージには、ゆるキャラと一緒に踊るコーナーのほか、歌やダンス、人形劇も出るなど、親子連れを中心に約5000人(主催者発表)で賑わった。

 西東京市議会の2015年度第2回定例会は6月5日(金)から6月22日(月)まで、18日間の会期で開催されることになった。 西東京市Webに5月8日掲載された会期内日程(素案)によると、本会議の一般質問は6月8日(月)から11日(木)まで。文教厚生委員会と建設環境委員会は12日(金)、企画総務委員会は15日(月)、庁舎統合方針検討特別委員会は16日(火)に開く。最終日(22日)は本会議が予定されている。 付議案件、一般質問進行予定、一般質問通告内容等は、6月3日(水)ごろ掲載見込み。

 メールによるニュースレター「週刊ひばりタイムス」をスタートします。毎週木曜日発行。創刊は5月14日です。本体のWebサイトに、facebooktwitterが加わり、週刊のニュースレターも揃って「ひばりタイムス」のネット発信体制がほぼ整いました。

キャラバン1

全国ORIZURUキャラバンの会場=イオンモールむさし村山

 日本で開かれるボーイスカウトの国際キャンプ大会を成功させようというイベント「全国ORIZURUキャラバン」が4月25日、イオンモールむさし村山(東京都武蔵村山市榎1丁目)で開かれた。西東京市周辺地域のボーイスカウトを束ねるボーイスカウト東京連盟北多摩地区が主催した。