Print This Post Print This Post

5・3憲法集会に5万5000人 西東京市からも大勢参加

By in 集会・運動 on 2017年5月6日

 

集会ポスター

 憲法改正の動きが具体化し始めている折り、70年の歴史を重ねてきた憲法を守ろうとする人たちが声を上げています。憲法記念日の5月3日、「いいね!日本国憲法・平和といのちと人権を!」のテーマを掲げた集会が東京都江東区の有明防災公園で開かれました。参加した西東京市緑町の中川航一さんの報告を掲載します。(編集部)

 

 

 憲法施行70周年記念日の5月3日、『いいね!日本国憲法・平和といのちと人権を!5・3憲法集会』が、東京・有明 臨海広域防災公園で開かれました。昨年は5万人でしたが、今年は5万5000人(主催者発表)が参加、広大な敷地が東京を中心にした参加者で埋まり、周辺にも溢れていました。

会場の有明防災公園。背景に見えるのはがん研有明病院と東京ビッグサイト

会場の背景に見えるのは東京ビッグサイト

 

 ステージ上ではアトラクションの後、各界の7氏がリレートークをしました。ファッション評論家・シャンソン歌手のピーコさんは「憲法を守らなければならない人が守っていない」と自民党憲法草案を批判。日本劇作家協会前会長の坂手洋二さん、世界平和アピール7人委員会委員で総合研究大学院名誉教授の池内了さん、映画監督の山田火砂子さん、作家の落合恵子さん、弁護士の伊藤真さん、中央大学教授の植野妙実子さんもスピーチしました。会場内には大型のモニターも設置されていました。画面は落合恵子さん。

 

会場の一画に大型モニターが。画面は落合恵子さん

 

 続いて立憲野党・会派の5人の代表が挨拶しました。民進党の蓮舫代表、日本共産党の志位和夫委員長、自由党の森ゆうこ参院議員会長、社民党の吉田忠智党首、参院会派「沖縄の風」の伊波洋一幹事長・参院議員がそれぞれ、「憲法守ろう」「戦争法廃止」「共謀法は絶対廃案」と訴えました。会場からは「野党は共闘!」との声援が上がっていました。

 

挨拶する民進党の蓮舫代表

日本共産党の志位和夫委員長

野党は手をつなぐ。民進(蓮舫)、共産(志位)、自由(森)、社民(吉田)、沖縄の風(伊波)の立憲野党・会派の代表5人

 特別ゲストとして、韓国から朴槿恵(パククネ)退陣緊急国民行動の李泰鎬(イテホ)さん、沖縄の基地の県内移設に反対する県民の会の山城博治さんもスピーチしました。

 

「沖縄の基地の県内移設に反対する会」の山城博治さん

 最後に『戦争させない・9条壊すな!総がかり行動』共同代表の高田健さんが「安倍暴走を止めるため、総がかりを超える“総がかり陣形”をつくろう」と呼びかけて集会を締めくくりました。

 会場には労働組合、市民団体などをはじめ、様々な団体が参加していましたが、目を引いたのは、釣り人の団体、「渓流9条の会」でした。ちょっと話を聞いてみましたが、全国の渓流を釣り歩くそうです。“平和だからこそ釣りも楽しめるが、戦争になったらそれこそ昔のように非国民と言われかねない”と言っていました。

 

渓流9条の会で参加したみなさん。全国レベルの会だそうです

 

 たまたまトイレに行ったときに、偶然遭遇したのが、民進党、共産党の両党首の、舞台裏の芝生の上での緊急記者会見でした。この日安倍首相が、憲法9条の改定を発言したことについてのようでした。直近で写真を撮りましたが、右翼も来ている中で、こんなところで記者会見なんて大丈夫なのでしょうか。もっとも、この写真にも周りにSP(セキュリティー・ポリス)の顔が見えますが。

 

同日発表された安倍首相の9条改訂発言について、集会の舞台裏の芝生で緊急記者会見する蓮舫代表(上)と志位委員長(下)

 

 集会後、豊洲コースと青海(アオミ)コースの2コースに分かれてパレードが行われました。毎年のことながら、右翼団体も宣伝カーの大音響で妨害に来ていましたが、パレードは機動隊に守られて(?)整然と行われていました。

 

集会後2コースに分かれてパレード。これはモノレールの下を歩く青海コース。もう一つは豊洲コース。完全武装の機動隊がガードしてくれていました(-^〇^-)

 

 西東京市からも大勢参加していたのですが、各団体別に散らばっていたので、あまり目立ちませんでした。

 

西東京市からも大勢参加していたのですが、各団体別に散らばっていたので、あまり目立ちませんでした

(中川航一 文・写真・説明)

 

【関連リンク】
・5.3憲法集会 >>

 

 

【筆者略歴】
中川航一(なかがわ・こういち)
 1935(昭和10)年、東京都北区生まれ。小学校1年生から、父親の仕事(中島飛行機)の関係で田無に移住、以後田無育ちの、ほぼ土地っ子。戦後の食糧難などで高校も行けず中卒で就職。中年以後に通信制で高校、大学(放送大学)を卒業。現在NPO法人「セプロス」の中の、リボンネットワーク(メールによる高齢者の見守りネットワーク)を担当(自分も見守られている)。合わせて『シニア情報生活アドバイザー』(シニアがシニアにパソコンを教える準国家資格)として、毎週市内5会場でパソコン勉強会を行っている。傍ら、『SAVE ザ 9条・SAVE ザ 憲法 西東京市民の会』『3館合築問題を考える市民の会』にも参加している。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA