Print This Post Print This Post

委員会ネット中継協議続く 西東京市議会議会運営委員会

By in 市政・議会 on 2017年5月13日

 西東京市議会の議会運営委員会(佐藤公男委員長)が5月12日に開かれ、委員会のネット中継などを前回(4月14日)に引き続き協議した。この日は中継に必要な経費算定が間に合わなかったことなどから実質的な議論に入らなかった。次回までに他自治体の状況を各委員が調べることになった。

 前回の申し合わせで、各会派は委員会のネット中継に対する意見を取りまとめることになっていた。この日の表明によると、自民党は「まだまとまっていない」。民進党は「大勢に従うけれども、録画は議論すべきだがライブ中継は必要ない」との意見だった。
 公明党、統一会派みらい、共産党、生活者ネットのほか、無所属の2議員らは議論を進める姿勢を表明。「前向きに議論する」「開かれた議会のためにも(委員会中継は)必要」「議会として市民がアクセする機会を設けるべきだ」などの意見が出された。

 議会事務局によると、委員会の音響機器・システムの更新工事が今年度に予定され、担当業者が決まった段階。このため費用は「来月になれば概算を明らかに出来るのではないか」という。

 委員外議員として議論を聞いていた小幡勝己議長が発言を求め、「3年ほど前に委員会のネット中継問題を議会運営委員会で取り上げ、視察も含めて詳しい資料を残した。ぜひ参考にしてほしい」と述べた。

 西東京市議会の本会議中継は2010年から実施している。委員会中継をどうするか議運委で断続的に議論が続いていた。
(北嶋孝)

(Visited 39 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA