Print This Post Print This Post

西東京市の丸山市長 「健康」イクボス・ケアボス宣言

By in 市政・議会 on 2017年5月16日

 

管理職研修後の記念撮影。前列中央がファザーリング・ジャパンの安藤哲也代表。その右が丸山浩一市長、左が池澤隆史副市長(西東京市提供)

 西東京市の丸山浩一市長は5月16日、子育てや介護に携わる職員を応援し、仕事と生活のバランスを図る取り組みを市民全体に広げようと「『健康』イクボス・ケアボス宣言」を公表した。

 この運動を進めているNPO法人ファザーリング・ジャパン(安藤哲也代表)によると、「イクボス」とは、職場で共に働くスタッフらのワークライフバランス(仕事と生活の両立)を考えながら、「自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司(経営者・管理職)」を指す、という。

 この日午前、ファザーリング・ジャパンの安藤代表立ち会いの下に、丸山市長が「宣言」に署名した。丸山市長が「健康」応援都市の実現を目指していることもあって、今回の宣言は「健康」をキーワードにした上で「イクボス」(子育て支援)と「ケアボス」(介護支援)をともに掲げる「西東京市」型となっている。

 具体的には「健康市役所を目指す取り組みや成果を、市民へ、社会全体へ広げられるよう努めます」「子育てや介護に携わる職員を応援し、職員のワークライフバランスを実現します」「いつでも相談に応じ、職員の心の健康の保持・増進を図ります」「職場環境を良好にし、ハラスメントを防止します」など4項目を盛り込んだ。

 このあとファザーリング・ジャパンの安藤代表を講師に迎え、市の課長級以上の約80人が集まって管理職研修を実施した。

 東京都の小池百合子知事は昨年9月に「イクボス宣言」。多摩地域では日野市長や武蔵野市長、小平市長らも「宣言」を公表している。
(北嶋孝)

 

【関連リンク】
・西東京市長「健康」イクボス・ケアボス宣言(西東京市Web
・東京のイクボス宣言(イクボス・ドットコム
・知事による「イクボス宣言」(東京都
・「日本総イクボス宣言プロジェクト!!」(ひろがれイクボスの輪)(厚生労働省
・管理職養成事業・イクボスプロジェクト(NPO法人ファザーリング・ジャパン

(Visited 131 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA