Print This Post Print This Post

アスレチック遊具で子どもたち遊ぶ ひばりが丘さくらの道公園が全面開園

By in みどり-環境, 楽しむ on 2017年8月9日

子どもたちに人気の「ロープウェイ」

 西東京市ひばりが丘3丁目の「ひばりが丘さくらの道公園」が8月8日、全面開園した。この日に予定されていた開園記念式典は台風5号による荒天予報で中止となったが、天候が回復した午前10時過ぎには、植栽養生のため立ち入り禁止エリアに2月から張っていたネットを片付け、遊具などで自由に遊べるようになった。

 公園の東側には長さ30メートルの足つぼ歩道のほか、背のばし、ストレッチ、ジャンプ、ぶら下がりなど7種類の健康遊具がある。南側にはアスレチック遊具が並び、子どもたちが遊べるウッドクライミングやロープウェイ(通称ターザン)が作られた。

 

足つぼ歩道

健康遊具も並ぶ

 

 みどり公園課によると、開園を待ちかねてやって来たのは近くの保育園児たち。森下直彦課長は「園児たちを招待していたのに、式典は中止になりました。ネットを取り除いたのを見ていたんですね。一番乗りでした」と言う。

 午後は近隣の母親たちが子どもを連れてやって来た。市内緑町、谷戸町、それに東久留米市に住む3人は「子どもたちが皆、幼稚園が一緒」という30代の女性たち。「待ちに待ったオープンです。いつも通りから見ていて、いつ使えるのかと思っていました」「この辺りで子どもが遊べるところが意外にない。ありがたいですね」「ターザンが人気みたい。1基しかないけど、順番待ちが大変だから、もう1基増やしてほしい」などと話していた。

 

入口の案内図(クリックで拡大)

 

 この公園は、ひばりが丘団地に建設中の(仮称)第10中学校敷地に沿ってつくられた。コの字型の2600㎡に遊具などのほか、ジンダイアケボノやイチヨウの桜並木、ケヤキやクヌギ、ハンケチの木などが植樹された。
(北嶋孝)

 

【関連リンク】
・ひばりが丘さくらの道公園全面開園について(西東京市Web

(Visited 224 times, 2 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA