Print This Post Print This Post

ひばりヶ丘駅周辺に雪景色 積雪、除雪、融雪、残雪…

By in 災害・防災, 交通・道路 on 2018年1月23日

 

お墓に雪の綿帽子(ひばりヶ丘駅北口)

 日本列島を襲った大雪は1月22日午後から西東京市にも降り積もった。積雪20センチ超。大雪警報は深夜に解除された。一夜明けた23日午前。西武池袋線ひばりヶ丘駅周辺を歩くと、雪がもたらした景色があちこちに見える。そのシーンを写真に収めた。

 

ベランダから臨む隣家の屋根

枝たわむ 白雪背負う紅一輪(ひばりヶ丘北4丁目の住宅地)

 午前9時過ぎ。自宅から外に出ると、路地の両脇は長靴が埋まるほどの雪だった。しかし真ん中に、細く長く道が出来ている。ご近所さんが除雪したのだ。早朝の作業に感謝しながら通りに出ると、お店の前は雪かきの跡がまだらに続いている。2本の筋は車の轍の跡。そこだけ雪が解けていても、あとは滑りやすい雪の塊だった。路地裏には、汚れた雪が山となっていた。

 

雪が止んで陽が昇る(ひばりヶ丘駅北口)自転車駐車場(上)と商店街の小路(下)

 

線路はまっすぐ延びる(上)ダイヤは23日夕まで乱れた(下)(ひばりヶ丘駅)

 

 西武線は22日夜からダイヤが乱れ、雪が止んだ23日も運休や大幅遅れなど混乱を引きずった。ロータリーの整備工事が続くひばりヶ丘駅南口はブルトーザーが出動して路面にこびりついた雪をはぎ取っていた。はなバスは運休。ひばりが丘団地行きのバスも「運休します」と係員がバス停で告げる。
 北口では新しい階段、エスカレーター、エレベーターの建設工事が始まっている。鉄骨の雪を払う作業員が忙しい。手前にある未整備の広場は雪が広がっていた。

 

除雪が続く南口(上)新しい階段やエレベーターの建設が始まった北口(下)

 

雪かきと除雪。人手と機械の組み合わせ(ひばりヶ丘駅南口)

 飲食店が並ぶ路地は人がまばらだった。日が昇り、街が活気づくまでつかの間の休止なのだろうか。そう考えて一瞬立ち止まったら、頭上から濡れた雪が落ちてきた。電線にへばりついた雪が朝日に照らされ溶け始めているのだ。足元に注意しながら、頭上の電線にも気を配らなければならない。降っても止んでも、雪は厄介だ。
(北嶋孝)

 

【関連リンク】
・警報情報(2018-01-22 14:33:46)(西東京市Web
・警報情報(2018-01-22 23:42:45)(西東京市Web
・気象情報(大雪にご注意ください)(西東京市Web
・はなバス 降雪に伴う運休(西東京市Web

 

(Visited 440 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA