Print This Post Print This Post

初の女性市議シンポジウムは2月3日 西東京市のパリテまつり始まる

By in 交流・共生 on 2018年1月29日

 西東京市の女性市会議員7人全員が参加するシンポジウム「女性市議の本音でトーク~自分らしく市民とともに」が2月3日午後、住吉会館ルピナスで開かれる。1月29日から始まった市の男女平等推進センターパリテまつり(~2月9日まで開催)の主要イベントの一つ。現職女性市議が一堂に集まるシンポジウムは初めてという。

 登場するのは大竹あつ子(共産)、加藤涼子(生活者ネット)、後藤優子(生活者ネット)、納田さおり(無所属)、藤田美智子(公明)、保谷清子(共産)、保谷七緒美(自民)(50音順)の各議員。西東京市議会の定数28人のうち7人の女性市議が全員参加する。進行役は、市の男女平等参画推進委員会委員長の石崎節子さんが務める。

 このシンポを企画したNPO法人生活企画ジェフリー理事長の渡辺美恵さんは「現職女性議員7名全員登壇のシンポジウムは初めてです。政策の発表や論議よりもまず、立候補の切っ掛けや議員活動の中でうれしかったり苦労したりしたことなど個人の思いや考えを話してほしい、女性がさらに活躍できるまちにしたい、暮らしの場から男女平等を進めたい、と願って企画した」と話している。

 「本音でトーク」は3日午後2時から4時まで、住吉会館ルピナス(住吉町6-15-6)の4階大広間で開かれる。定員は80人。参加無料。

 パリテまつりは今年が第10回。市内の約20団体と個人がパリテまつり実行委員会をつくり、昨年から準備してきた。1月29日から1階交流ホールで「災害と男女共同参画」の展示などが始まった。週末の2月3日と4日に公演や講座、カフェなどが集中して開かれる。
(北嶋孝)

 

 

 

 

パリテまつりチラシの表(左)と裏(クリックで拡大)

 

【関連リンク】
・第10回 西東京市男女平等推進センターパリテまつり 女と男 一緒につくろう平和な未来(西東京市Web
・NPO法人生活企画ジェフリー(HP

(Visited 84 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA