Print This Post Print This Post

2017年度補正予算案可決 東日本大震災の犠牲者に黙禱

By in 市政・議会 on 2018年3月8日

東日本大震災の犠牲者に黙禱する議員ら(西東京市議会)

 西東京市議会(小幡勝己議長)の2018年第1回定例会は3月7日に本会議を開き、歳出歳入を7億6538万円減額して総額718億3980万円とする西東京市一般会計補正予算案を全会一致で可決した。予算の執行状況による減額が多い。国民健康保険特別会計など4特別会計の補正予算案も全会一致で可決した。

 会議に先立って、小幡議長が「東日本大震災から7年経った。犠牲になられた方々に深く哀悼の意を表し、黙禱を捧げたいと思います」と述べ、議員や市幹部らが全員起立して1分間の黙禱を捧げた。

 

予算特別委員会の審査結果を報告する浜中義豊委員長

補正予算案に挙手、賛成する議員

 

 補正予算案は予算特別委員会に付託、審査され、6日に全会一致で可決された。この日、同委員会の浜中義豊のりかた委員長が本会議で予算委の審査結果を報告した。
(北嶋孝)

 

【関連リンク】
・付議案件・結果(平成30年第1回定例会)(西東京市Web

 

(Visited 77 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA