Print This Post Print This Post

いこいの森公園の桜マップ完成 河津桜がいま見ごろ

By in みどり-環境, 楽しむ on 2018年3月10日

公園のアプローチで河津桜がお出迎え(3月7日撮影)

 西東京いこいの森公園の桜マップが出来上がった。園内の桜の木が番号入りで地図に記され、写真と説明付きのサクラ図鑑も載っている。

 このマップはA4カラー版の三つ折りパンフレット。いこいの森公園などを管理する西東京の公園・西武パートナーズが3月初めに発行。構成団体でもあるNPO法人birthが1年がかりで園内を調べ、制作した。印刷は1000部。園内のパークセンター(管理事務所)で入手出来る。

 

三つ折りのマップ(上)開くと図鑑(下)

 

 桜マップによると、「公園には20種類以上、100本以上のサクラが植えられている」。谷戸小学校沿いのアプローチ約100mには、カワヅザクラ(河津桜)とソメイヨシノ(染井吉野)が交互に並ぶ。同センターによると、カワヅザクラはいまが見ごろ。エントランス(入口)の左右にあるシダレザクラはまだつぼみでも、早咲きのカンザクラはボール広場沿いに散り始めた。これから4月にかけてソメイヨシノなどが咲く、という。

 秋に咲くジュウガツザクラなども園内にあり「長い期間、サクラを楽しむことができます」とパンフレットにある。問合せは、西東京いこいの森公園パークセンター(電話042-467-2391)。
(北嶋孝)

 

【関連リンク】
・西東京いこいの森公園(西東京市Web
・河津桜の概要(静岡県・河津町観光協会

(Visited 299 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA