Print This Post Print This Post

高橋和廣選手が応援に感謝 平昌パラリンピックの戦いを報告

By in 市政・議会, 芸術・スポーツ on 2018年4月1日

感謝の言葉を述べる高橋選手(本会議場)

 平昌パラリンピックのアイスホッケー日本代表選手として活躍した西東京市職員、高橋和廣さんが西東京市議会第1回定例会最終日の3月28日、開会に先立って挨拶し、市民の応援に感謝した。

 高橋選手は「日本チームの成績は残念な結果でしたけれども、私個人としては悔いのない戦いでした。現地に応援に来ていただいた西東京市のみなさん、熱いメッセージを送ってくれた小中学生のみなさんに感謝します。多くの声援で頑張ることが出来ました」とお礼の言葉を述べた。

 日本代表チームは5戦全敗で8位だった。しかし高橋選手は日本チームの全得点2点を挙げる活躍だった。議場から盛大な拍手が送られた。

 高橋選手は保谷第一小学校、青嵐中学校卒業。アイスホッケーの選手だった大学時代にスノーボード事故で脊髄を損傷。その後パラアイスホッケーに参加して日本代表選手として活躍した。
(北嶋孝)

 

【関連リンク】
・平昌パラリンピック競技大会 パラアイスホッケー日本代表 高橋和廣選手 西東京市議会 議場あいさつ(西東京市Web
・平昌パラリンピック パラアイスホッケー 日本代表 高橋和廣選手が丸山市長へ報告を行いました(西東京市Web

 

(Visited 59 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA