Print This Post Print This Post

丸山浩一西東京市長が登庁 市長再選から一夜明けて

By in 選挙, 市政・議会 on 2017年2月6日

職員から贈られた花束を受け取る丸山浩一市長(田無庁舎

 西東京市長選挙で2月5日に再選を果たした丸山浩一市長は一夜明けた6日午前10時半過ぎ、職員が拍手で出迎えるなか田無庁舎に登庁して花束を受けた。

 丸山市長は挨拶で、健康応援都市の実現を基軸に施策を進めるとともに、次世代への責任を果たすため行財政改革を進め、庁舎問題も公共施設適正配置の一環として、保谷庁舎の取り壊しや仮庁舎を中庭に建設する、などの方針を10分あまり語った。

 

鈴木宏一選挙管理委員会委員長が詔書を手渡した

当選証書

市長室に戻った丸山市長

 

 午前11時から庁内で、選挙管理委員会の鈴木宏一委員長から「当選証書」を付与されると、「頑張ります」と短く一言。やがて市長室のいすに腰を下ろして、テーブルに広げた書類の山など室内をあらためて見渡していた。
(北嶋孝)

 

【関連リンク】
・平成29年2月5日執行 西東京市長選挙 投開票結果(西東京市選挙管理委員会

(Visited 60 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA