Print This Post Print This Post

多摩六都科学館の年間来館者 25 万人達成

By in 学ぶ, 楽しむ on 2017年4月2日

 

右から3人目が北山周生君。家族、高柳雄一館長らと記念撮影

 西東京市芝久保町にある多摩六都科学館の来館者が3月30日、年間過去最高の25万人を達成し、記念すべき来館者に記念品が贈呈された。

 25万人目になったのは、小平市在住の北山周生(きたやま・しゅう)君(9歳)。親子らで来館した。

 式典では、高柳雄一館長から、「多摩六都科学館年間フリーパス」、科学館のイベントや教室に優先的に参加できる「ロクトメンバーズ」などの記念品が贈られた。

 周生君は「3歳頃からもう10回以上来ています。25万人目になれてとてもうれしいです」と笑顔を見せた。

 多摩六都科学館は、1994年に開館。多摩北部地域の小平市、東村山市、西東京市、清瀬市、東久留米市の5市で構成されている一部事務組合。2014年度には年間来館者20万人を超え、今年度は25万人を達成した。
(柿本珠枝)

 

【関連リンク】
・年間来館者25万人!記念セレモニーを開催(多摩六都科学館

 

【筆者略歴】
柿本珠枝(かきもと・たまえ)
 旧保谷市で育ち、現在西東京市田無町在住。1998年(株)エフエム西東京開局から携わり、行政や医療番組、防災、選挙特番など担当。地域に根差した記者としても活動している。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA