Print This Post Print This Post

ワークショップ「基底で考える-科学・哲学・芸術」

By on 2020年2月1日
いつ:
2020年2月24日 @ 10:00 – 16:30
2020-02-24T10:00:00+09:00
2020-02-24T16:30:00+09:00
どこで:
多摩六都科学館科学学習室
連絡先:
多摩六都科学館
042-469-6100

2020年2月24日(月)10:00~16:30 (途中、昼食休憩あり)

科学と芸術は、方向性が異なるものと思われていますが、本当にそうでしょうか?
科学者、哲学者、芸術家をお招きし、科学や芸術がどのような構造をしているのか、人間が達成しうる「知」や「学」の可能性についてディスカッションします。

講 師 : 戸田幸伸(東京大学Kavli IPMU 数学)
     花岡伸宏(彫刻)
     田口茂(北海道大学 人間知・脳・AI研究教育センター センター長、 哲学)
坪井あや(東京大学Kavli IPMU 広報、アート)
共 催 : 東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構 (Kavli IPMU)
対 象 : 18歳以上  ※参加者以外の入室不可
定 員 : 48名
参加費:入館料のみ
申込方法 : 事前申込 ※応募締切 2/10(月)必着

申込みははがき、館内申込書またはウェブで。詳細は次のページをご覧ください。
https://www.tamarokuto.or.jp/event/index.html?c=event&info=2205&day=2020-02-24

 

(Visited 5 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA