西東京市は7月6日、市内の新型コロナウイルスの週間感染は38人、現在療養中は65人、累計患者は1730人と発表した。前週比10人増。療養の内訳は入院中34人、宿泊療養10人、自宅療養19人、調整中2人だった。(グラフは、西東京市の新型コロナウイルス週間感染者の推移=西東京市Webから)

 西東京市は7月5日、オリンピック・パラリンピック競技を市立小中学校の子どもたちが観戦する「学校連携観戦プログラム」への参加を見送ると決めた。熱中症や新型コロナウイルス感染拡大の状況を踏まえて「安全・安心を第一に」考慮した。代わりに全校で「思い出に残る取り組み」を予定するという。

 西東京市は6月29日、市内の新型コロナウイルスの週間感染者は28人となって前週比18人減、累積患者は1692人、現在療養中は51人と発表した。療養中の内訳は入院中28人、宿泊療養5人、自宅療養18人、調整中0だった。(グラフは、西東京市の新型コロナウイルス週間感染者の推移=西東京市Webから)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真

国立感染症研究所で分離に成功した新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 練馬区立中学校で新型コロナウイルスのクラスター(集団感染)が発生し、6月23日から25日までは学校閉鎖のうえ全校生徒と教職員にPCR検査を実施。その後も感染者が相次ぎ、6月19日から27日までに生徒24人、教職員3人の計27人に感染が広がった。いまも1年は7月3日まで、2年は7月5日まで学年閉鎖となっている。

 西東京市は6月25日、市内で予定していたオリンピック・コミュニティライブサイトを、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止すると発表した。パラリンピックのコミュニティライブサイトは感染状況を踏まえながら引き続き検討するとしている。

 西東京市は6月24日、市立中学校の職員1人が新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。調査の結果「学校活動で感染拡大の恐れがないことを確認した」という。

 西東京市は6月22日、新型コロナウイルスの週間感染者は46人と前週から6人減り、累計患者は1664人と発表した。退院・死亡などは1587人、現在療養中は77人になった。(図は、週間感染者数の推移=西東京市Webから)

 新型コロナワクチンの高齢者に対する接種が全国各地で始まって2カ月以上が経ちました。予約や接種のかたちは自治体ごとに異なり、順調に進む市町村がある一方、さまざまな不手際やトラブルも伝えられています。私たちが暮らす地域はどうなのか。西東京市、東久留米市、小平市、横浜市―。7人の執筆者がそれぞれワクチン接種をめぐる体験を報告します。(編集部)(写真は、西東京市の新ひばりが丘中学校(第10中学校))

 小平市は6月18日、市立たいよう福祉センター(障害者福祉センター)の利用者が新型コロナウイルスに感染していることが16日に確認された、と発表した。

 西東京市は6月15日と16日、市立小学校の男子児童1人と市立中学校の男子生徒1人が新型コロナウイルスに感染したことが判明したと発表した。調査の結果、ともに「学校活動で感染の恐れがないことを確認した」という。

 西東京市は6月15日、新型コロナウイルスの週間感染者は52人と前週より19人増え、累計患者は1618人と発表した。感染は2週連続の増加となった。退院・死亡などは1543人、現在療養中は75人に上った。

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 西東京市内の私立認可保育施設で職員2人が新型コロナウイルスに感染したと6月9日に発表された件で、同市は15日、その後園児2人の陽性が判明し、園児と保育従事者のPCR検査を実施した結果、さらに園児1人の感染が判明したと発表した。感染したのは職員2人、園児3人の計5人となった。

 西東京市は16歳から64歳の市民に6月23日、新型コロナウイルスのワクチン接種券(クーポン券)を発送する。65歳以上は集団接種会場や市内病院の予約枠をさらに拡大して対応する。6月11日の西東京市議会予算特別委員会で小林達哉氏(自民)の質問に担当者が答えた。市ホームページにも掲載した。(写真は、田無庁舎のワクチン接種会場。5月11日撮影)

 西東京市は6月10日、市内の私立認可保育施設の保育従事職員1人が新型コロナウイルスに感染したことが判明したと発表した。多摩小平保健所の調査の結果、園児に濃厚接触者が特定され、PCR検査を実施する予定。

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 西東京市は6月9日、私立認可保育施設2園で職員3人、中学校で女子生徒1人の感染が判明したと計3件4人の新型コロナウイルス感染事例を発表した。保育施設1園で複数の園児の濃厚接触者が特定され、その施設は6月9日から21日まで臨時休園となった。