活気が戻ったひばりヶ丘駅南口(2019年10月13日午後1時10分)

 台風19号が去った10月13日昼過ぎ、西武池袋線ひばりヶ丘駅周辺を歩いた。人も車も行き交い、スーパーやカフェ、飲食店も通常通り営業していた。電車の利用客の姿も絶えることはない。前日は雨に煙っていた街が、台風一過の抜けるような青空の下、陽を浴びて輝いていた。

 西東京市は10月13日午前2時13分、西東京市に出ていた大雨警報などがすべて解除されたと発表した。それに伴い、警戒レベル3の避難準備・高齢者等避難開始情報も解除した。東久留米市も大雨警報解除に伴い、避難準備・高齢者等避難開始情報も解除。市内の避難所・自主避難所は住民の退出を待って閉鎖する。

 西東京市は12日午後8時30分までに、台風19号による自主避難所を計4カ所追加した。これで11日設置の5カ所と併せて計9カ所となった。12日午後7時30分に田無第一中学校 、上向台小学校、谷戸小学校の3校を、同日午後8時30分に新たに下保谷福祉会館を追加した。

 西東京市は10月12日午後4時すぎ、土砂災害警戒区域の一部住民に「警戒レベル3」の「避難準備・高齢者等避難開始情報」を発令した。対象となったのは2地区の計7世帯15人。高齢者、障害者、乳幼児ら避難に時間のかかる人や支援者に避難するよう呼びかけている。

 東久留米市は12日午後2時過ぎ、市内7カ所の土砂災害警戒区域に、【警戒レベル3】避難準備・高齢者等避難開始情報を発令した。警戒レベル3は東久留米市のホームページによると、「避難に時間を要する高齢者、障害者、乳幼児らとその支援者は避難する」「近くの安全な場所や、自宅内のより安全な場所へ避難しましょう」と呼びかけている。そのほかに人には「避難の準備を整えましょう」としている。

ひばりが丘PARCOは休館。館内も暗い(10月12日午前10時45分)

 台風19号の接近に伴って西武池袋線は運休が相次ぎ、ひばりヶ丘駅周辺は南口も北口も人影は少ない。閉店、臨時休業の看板だけが目に付いた。

 西武鉄道は10月11日、台風19号の接近に伴い、西武鉄道全線で明12日午後1時以降順次、13日午前中まで運転を取りやめる予定、と発表した。台風の進路によっては計画が変わる場合があるので、最新の気象情報と電車の運行情報の確認を、と呼びかけた。運転を取りやめても、他社線への振替輸送を行う予定はないという。

 西東京市は10月11日、台風19号の接近に伴い同日午後4時から、市内5カ所に自主避難所を開設したと発表した。担当の危機管理室は「避難の際は周りの状況をよく見て、くれぐれも安全に気を付けて避難してください。食事や飲み物など、必要なものは各自ご持参ください」と呼びかけている。

 西東京市の広い範囲で8月14日午後4時6分ごろ、5分未満の短い停電が発生した。市の危機管理室によると、停電は間もなく自動復旧した。「停電による被害情報は入っていない」という。

テント設営

テントを運んで設営する

 首都直下地震に備えて私たちは何ができるか。避難所に見立てたテントを公園内に張って復興プロセスを疑似体験する2泊3日の合宿研修「復興まちづくりキャンプ2019」が、7月13日から15日まで都立小金井公園のつつじ山広場で開催された。スタッフ約60人と延べ約100人の一般市民が参加して、被災後の生活再建や復興まちづくりの課題を話し合った。

(クリックで拡大)

 震災時に避難場所となる公園に仮設住宅に見立てたテントを張って、復興プロセスを疑似体験する2泊3日の「復興まちづくりキャンプ2019」が7月13日から3日間、都立小金井公園で開催される。参加者はスタッフを含めて約200人を予定しており、参加者を募集している。

 西東京市南町6丁目の市立田無第一中学校(山本一幸校長)で3月22日午後6時ごろ小火(ぼや)があった。市教育委員会と同校によると、体育館の倉庫から煙が出ていると知らせがあり、駆けつけた教員が消火器で消し止めた。体育館で部活動中の生徒らが残っていたが、けがはなかった。原因はまだ分かっていない、という。

(クリックで拡大)

 東日本大震災から8年。多摩六都科学館は3月10日(日)午後5時30分から、震災特別プラネタリウム番組「星空とともに」(約40分)を投影する。これまで同館は毎年企画してきたが、今年は多摩地区のプラネタリウム4館がこの期間に合わせて投影することになった。 多摩六都科学館は、入館料・観覧料ともに無料。

(クリックで拡大)

 「その時 どうする?」のその時とは、大きな地震が起きた時のこと。その時起きるいろいろな事態を想定した防災ワークショップが11月4日、西東京市谷戸町にある谷戸イチョウホールで開かれた。

観音扉に扉ロック、ガラスには飛散防止フィルム

 いざというとき、自宅の食器棚、ガラス戸、ブレーカーは大丈夫か。水・食料、トイレなどの備えは十分か。課題を解決する身近な方法は…。防災を考えるとき、見逃しがちな視点と具体的な対策が満載です。(編集部)>> 続きを読む