Print This Post Print This Post

ブドウの受け付け始まる、保谷梨は7月中旬から 西東京市のふるさと納税返礼品

By in 市政・議会 on 2020年7月1日

栽培が難しく手に入りにくいと言われる「髙尾」(写真は西東京市提供)

 西東京市のふるさと納税の返礼品で、人気の高い市内産ブドウの受け付けが6月26日から始まった。「保谷梨」として知られる特産の梨は、7月半ばからの予定。市外に住む人からの寄付に、1回につき返礼品1つを贈る。季節限定の果物のほか、特産の菓子類や梅酒を含む「一店逸品」コース、女性創業支援の「ハンサムmama」コースなどを揃えている。

 西東京市産のブドウは「藤稔(ふじみのり)」「高尾(たかお)」の2種から選ぶ。藤稔は大粒で甘みと酸味のバランスがよく、種なし。約1.3キロ(2房前後)。申し込みは7月31日まで。発送は8月になる。

たわわに実る「藤稔」(写真は西東京市提供)

 髙尾も種なし。紫黒色の長楕円形で甘みが強く、濃厚な味わいで「まぼろしのぶどうと言われています」と市のHRに載っている。約1.5キロ(2房~3房前後)。申し込みは8月31日まで。発送は9月。

 

「木成り完熟」で知られる保谷梨。「幸水」(上)と「あきづき」(下)(写真はいずれも西東京市提供)

 

 保谷梨は、木になったまま完熟させる「木成り完熟」が特徴。程よい甘みとジューシーな果肉、爽やかな食感で人気が高く、「幸水(こうすい)」と「あきづき」から選べる。申し込みは7月中旬の予定で、時期が決まり次第西東京市のホームページに掲載する。
 いずれも市内生産者とJA東京みらい保谷支店の協力で返礼品に加わり、人気メニューとなった。
 西東京市は2016年度にふるさと納税制度を始め、2018年度の寄付は79件約379万円となっている。
(北嶋孝)

 

【関連情報】
・西東京市のふるさと納税お礼の品【果物コース受付開始!】(西東京市Web
・西東京市寄附(ふるさと納税)状況(西東京市Web
・・西東京市梨生産組合(HP

 

(Visited 111 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA