- ひばりタイムス - https://www.skylarktimes.com -

津田塾大「学びの危機」プロジェクトの2本が1、2位 ひばりタイムスの「記憶に残る」記事トップ10決まる

 西東京市と近隣の出来事を伝える報道サイト「ひばりタイムス」に今年掲載した中から「記憶に残る記事」を選ぶ読者投票が12月25日に締め切られた。集計の結果、津田塾大学の研究会「学びの危機」プロジェクトの活動を伝える2本をはじめ、「世界が少し明るくなる」よう願う学生の写真展紹介や、中学校の校外学習のようすをまとめた報告などが上位を占めた。コロナ禍で暮らしの思いを伝え、地域の出来事を掘り起こして紹介する記事が目立った。

 

 ひばりタイムスが2020年元旦から12月25日のクリスマス当日まで掲載した記事は計688本に上った。12月3日から25日までの期間中に投票した総数は154件、選ばれた記事は133本に上った。

 

[1]

「学びの危機」プロジェクトサイトのトップページ

 

 トップには、津田塾大学の「学びの危機」プロジェクトによるオンライン教材紹介のポータルサイト開設を伝える記事が60票で選ばれた。またこの研究プロジェクトがまとめた実態調査の紹介が59票となって2位。障がい児らの困難を丁寧に取り上げた内容と、読者の確かな視線が伝わる選択となった。

 

[2]

キットパスアートの描かれた写真展「光と明の交差展」会場のガラス戸

[3]

校外学習「リアル救出ゲーム」で「救出」された宮本校長と笑顔の生徒たち(明保中学校)

 

 3位は「世界が少し明るくなる」ことを願ってコロナ禍での開催に踏み切った学生の写真展紹介が27票、西東京市立明保中学校の校外学習で、「3密」を避けながら生徒の自主性と探究心、協調力を活性化した「リアル救出ゲーム」の報告が26票を獲得して4位となった。

 

[4]

ミニチュアの家々から明かりが漏れる

[5]

「HALUM」店主の草間賢子さん(ひばりヶ丘駅北口)

 

 このほか「ミニチュアワールドにようこそ! 動物や小人がお出迎え 街と心にあかりが灯る」が5位(17票)、「学び合って生きる力を取り戻す場に ひばりヶ丘駅北口のカフェ&サロンHALUM」が6位(16票)だった。7位は15票の記事3本、10位は14票の4本が選ばれた。あとは複数の記事が同一順位を占め、最後の133位まで1票差で切れ目なく並ぶ。地域生活を取り上げた多くの記事とともに、多様多彩な読者の幅広い関心と選択が際立つ結果となった。

 

  「記憶に残る」記事-2020年(20位まで)  
順位 記事タイトル(掲載月日) 票数
1 障害児に向けオンライン教材紹介 津田塾大の研究会が「学びの危機」サイト開設 [6](5月15日) 60
2 コロナ禍で障害児らの学びに困難 津田塾大の研究会が初の実態調査 [7](10月26日) 59
3 「世界が少し明るくなる」ように 学生2人が初の写真展 [8](3月16日) 27
4 校外学習は「リアル救出ゲーム」 謎を解いて楽しく市内巡り 西東京市立明保中学校の全校参加行事 [9](11月6日) 26
5 ミニチュアワールドにようこそ! 動物や小人がお出迎え 街と心にあかりが灯る [10](7月16日)  17
6 学び合って生きる力を取り戻す場に ひばりヶ丘駅北口のカフェ&サロン [11]「HALUM」(6月1日) 16
7 西東京市の田無第2庁舎に引っ越し始まる 保谷庁舎から職員300人移転 [12](2月8日) 15
7 「comma,coffee」の新しい日常 快適な時間や空間を作り出す [13](7月17日) 15
7 日本・ベトナム共同製作映画が国際映画祭へ 来日ベトナム女性3人を描く「海辺の彼女たち」 [14](9月14日) 15
10 清流を身近に5寺を歩く 市民が支える「東久留米七福神めぐり」 [15](1月13日) 14
10 外出自粛の周辺-私たちの対応【特集】 [16](3月30日) 14
10 テイクアウトで地元飲食店を支援しよう 「西東京まちめし」プロジェクト始まる [17](4月10日) 14
10 子どもたちの試行錯誤を応援する 緑の中のアフタースクールcommon [18](7月28日) 14
14 西東京市の公共施設利用がほぼ全面休止 市民団体の活動が「凍結」状態に [19](2月27日) 13
14 西東京市立小学校18校が番組出演 FM西東京「ラジオ小学校」が30日午後生放送 [20](4月29日) 13
14 地域の ”リアル井戸端会議”をめざして 古井戸再生プロジェクトのクラウドファンディング始まる [21](8月25日) 13
14 田無駅南口で10月から毎週水、土曜に「食」支援 西東京わいわいネットが来年3月までフードパントリー [22](9月27日) 13
14 グリーンロード沿いに交流の場オープンへ 障がい者でつくる人形劇団が運営 カフェふう「ビレッジグリーン」 [23](11月26日) 13
19 吹奏楽部員、がんばれ! ルネこだいらがプロの演奏を無料配信 [24](3月20日) 12
19 トウモロコシ1万5000本の巨大迷路出現! 探検と収穫を同時に体験 [25](7月9日) 12

 

 応募を呼び掛けるページのアクセスが25日まで1200件あったのに、実際の投票は154件。「読まなければいけない記事が多すぎる」「選ぶのに迷ってしまった」「途中で止めた」などの声も伝えられ、今後の課題となった。

 

 この企画は当初、2015年にスタートした「ひばりタイムス」の5周年事業の一つとして検討された。コロナ感染が広がったこともあり、対象を5年間の全記事から、今年の掲載記事に絞って実施された。それでも今年の記事は例年のほぼ2倍に増えた。数が多くなったこともあって選択のハードルが上がったのかもしれない。
(北嶋孝)

 

【関連情報】
・読者が選ぶ「記憶に残る」記事トップ10-ひばりタイムスの2020年(ひばりタイムス、2020年12月3日 [26]

 

(Visited 900 times, 1 visits today)
Tweet [27]