- ひばりタイムス - https://www.skylarktimes.com -

西東京市内で「被害報告ない」 西武線は平常通り運行

 震度4の揺れが10月7日夜にあった西東京市内。西武各線は平常運転で、市にも大きな被害報告はなかった。(西武線が振り替え輸送を実施していると伝える電光掲示板。ひばりヶ丘駅)

 西武鉄道webサイトの運行情報ページは「西武鉄道各線は平常通り運行しております」。午前9時前、訪れた池袋線ひばりヶ丘駅は乗降客がスムーズに行き来している。駅員も「1~2分の遅れはありましたが、平常通り運行しています」。改札口の電光掲示板はJR首都圏各線の運行情報に関して「地震の影響で大幅な乱れが発生しています。当社線で振り替え輸送を実施中」とお知らせ。西武線の活動をさり気なく告知していた。

 市危機管理課によると、午前10時20分時点で、市内の公共施設から大きな被害は報告されていないという。地震発生の7日夜から職員が市内の全小中学校を巡回し、3校の非常用警報ベルが鳴っていたことを確認、停止した。「防火扉やシャッターが揺れで閉まったのが原因ではないか」という。停電もなく、民間からの被害情報もいまのところ入っていないという。

 田無駅前の商業施設「アスタ」でも地震による被害は報告されていない。住宅棟のエレベーターが地震の揺れで安全のため一時自動停止、間もなく稼働した。ガスも安全のため自動停止装置が働いた。ほかに、入口の自動ドアが1カ所作動不良が報告されているが、「いまのところ異常は発生していません」。

 ひばりヶ丘駅構内に入っているコンビニのスタッフに聞くと「特に被害はありません。商品も落ちたりしてません」と話していた。
(北嶋孝)

 

(Visited 203 times, 1 visits today)
Tweet [1]