田無神社宮司が写真セミナー講師 FM西東京の番組に出演

投稿者: カテゴリー: 文化・スポーツメディア・報道 オン 2016年9月19日

 田無神社の宮司で、外国通信社で活躍したカメラマンの賀陽智之さん(30)が9月17日、西東京市芝久保町にあるFM西東京の生放送番組「ウィークエンドボイス」に出演した。10月15日と23日に開催する写真セミナーの講師として登場する。

賀陽智之さん(左)と北嶋本編集長(FM西東京スタジオ)

田無神社宮司の賀陽智之さん(左)と北嶋編集長(FM西東京スタジオ)

 賀陽さんは慶応義塾大学大学院修士課程を卒業後、外国通信社のカメラマンとして記者会見の取材写真を中心にスポーツ、東京ガールズコレクションなどを担当。昨年からは、大規模ファッションショーの公式カメラマンなどで活躍している。2013年から田無神社宮司に就いた。

 一緒に出演した地域報道サイト「ひばりタイムス」の北嶋孝編集長は、賀陽さんがカメラマンとして活躍していることを知り、講師に迎えて写真セミナーを開くことにした。「みなさんにカメラマンの賀陽さんを知ってもらえる場を作りたい。私たちも伝えたいことが伝わるような写真のノウハウを学びたいと思いました」。
 賀陽さんは「30歳のカメラマンでは経験不足ですが、分かりやすい言葉で伝えたい」と話した。

 セミナー「もっとうまくなる写真再入門」は、10月15日(土)18:30~21:00と10月23日(日)18:30~21:00の2回。会場はコール田無。15日は賀陽さんが撮影した作品を見ながら写真の撮り方を学ぶ。23日は実際に参加者が撮影した写真を取り上げる。参加費は各回1000円。詳細は、次のページをご覧ください。>> もっとうまくなる写真再入門-ステップアップの取材撮影
(柿本珠枝)

 

【筆者略歴】
柿本珠枝(かきもと・たまえ)
 旧保谷市で育ち、現在西東京市田無町在住。1998年(株)エフエム西東京開局から携わり、行政や医療番組、防災、選挙特番など担当。地域に根差した記者としても活動している。

 

(Visited 1,541 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA