報道文を書く講座 2015

 

  地元のイベントに参加した。おもしろくてためになった。その体験を多くの人に伝えたい。どう書いたらいいのだろう-。そんな書き方のノーハウを集めたのが、新聞やテレビの報道記事です。報道文の書き方、取材・執筆に必要なことなど、報道記事の基本を学んでみませんか。報道文は、自分たちの体験や活動を紹介する有力なツールです。
 少人数限定のワークショップ形式で学び、実際に記事を書いて講師とともに語り合います。必要なのは、好奇心とチャレンジ精神。この機会に、思い切って申し込んでみませんか。-終了しました。

 

講師:堀田純一(自由学園最高学部講師)

第1回 11月7日(土) 14:00~16:30 -新聞記事は作文の見本 その種類と組み立て
第2回 11月28日(土) 14:00~16:30-実際に書いてみた原稿を基に語り合う

会場:ひばりヶ丘公民館 講座室2
  〒202-0001 西東京市ひばりが丘2丁目3番4号 電話042-424-3011
  Google地図参照 >> (PDF版

定員:10人(定員に達し次第締め切り)
参加費:100円(資料代)
チラシPDF(1.15MB)

 

主催:ひばりタイムス(西東京+近隣の地域報道サイト)
応募:ひばりタイムスの「申し込みフォーム」から
問合せ:ひばりタイムス セミナー係   info@skylarktimes.com
   〒202-0002 東京都西東京市ひばりが丘北4-1-9 tel. 042-430-0965

 

堀田純一【講師略歴】
 堀田純一(ほった・じゅんいち)
 自由学園(東久留米市)で生活団(幼稚園)から最高学部(大学部)まで学び、卒業後、共同通信社に入社。大阪社会部、本社経済部、ロンドン、香港駐在、国際金融本部などを経験。2009年から母校・最高学部で「時事解説」「時事英語」講師。昼食時に男子部、女子部で中学・高校生向け「新聞解説」も担当している。