東京都の8月11日発表によると、西東京市の新型コロナウイルス感染者は前日より3人増えて149人となった。8月4日以来8日間連続増えている。隣接の小平市97人、東久留米市52人となり、両市とも1人増。練馬区は11人増えて661人だった。

 ひばりタイムスは8月10日から、Google Adsense の広告システムを導入しました。創刊してからこの5年間、広告と縁のなかったひばりタイムスが、自主運営を継続するための最初の試みです。ご理解いただければ幸いです。

(西東京市Webから)(クリックで拡大)

 東京都の8月10日発表によると、西東京市の新型コロナウイルスの感染者は前日より5人増えて累計146人となった。8月1日の122人から24人増えた。退院・死亡などは110人、入院・療養中などは36人となる。

 東京都は8月9日、新型コロナウイルスの新規患者は331人と発表した。前日比98人減だが、4日連続300人を超えた。西東京市は3人増の141人となり連日、感染拡大が続いている。

都内の最新感染動向(東京都コロナウイルス感染対策サイト)から

 東京都は8月8日、新型コロナウイルスの新規患者は429人と発表した。前日比33人減だが、2日連続400人を超えた。西東京市は3人増の138人となった。感染拡大の勢いは止まらない。

 西東京市議会(田中慶明議長)の第3回定例会の日程(素案)が8月7日、議会ホームページに掲載された。会期は8月28日から9月28日までの32日間。一般会計補正予算案や2019年度決算案が審議される予定。

都内の最新感染動向(東京都コロナウイルス感染対策サイト)から

 東京都は8月7日、新型コロナウイルスの新規患者は462人と発表した。前日比102人増となって6日ぶりに400人を超え、過去3番目に多い。西東京市は1人増の135人となった。

都内の最新感染動向(東京都コロナウイルス感染対策サイト)

 東京都は8月6日、新型コロナウイルスの新規患者は360人と発表した。前日比97人増となり、1日で300人超に戻った。200人超は10日連続。西東京市は1人増の134人となり、感染者が増え続けている。

 小平市は8月6日、生徒1人が新型コロナウイルスに感染した市立中学校で、濃厚接触者のPCR検査の結果、全員陰性が確認されたと発表した。保護者には同校を通じて連絡する。

 東京都は8月5日、新型コロナウイルスの新規患者は263人と発表した。前日比46人減となったが、200人超は9日連続。西東京市は4人増の133人となり、再び感染者が増え始めた。

 練馬区は8月5日、区内の接待を伴う飲食店(キャバクラ)で従業員1人、客2人の計3人の新型コロナウイルス感染者が発生したと発表した。保健所はクラスター(感染者集団)発生の恐れが強いとみて店に再三休業要請した。しかし営業を続けていたため、練馬区は「感染拡大防止」のためとして店名を公表。利用客は区コールセンターに相談するよう呼び掛けている。

シャッターが閉まったままの従来の出入り口(8月4日午後6時30分)

 西武線池袋線ひばりヶ丘駅の新しいエスカレーターが、9月末から使用開始となる。当初は8月末で更新工事が終わる予定だったが、新型コロナウィルス感染症の影響で作業人員を調整、工事内容が見直されため、工事に遅れが出た。

 練馬区は8月5日、練馬立小学校の教員が新型コロナウイルスに感染したことを同日確認したと発表した。濃厚接触者が特定され次第、PCR検査を実施するという。

 東京都は8月4日、新型コロナウイルスの新規患者は309人と発表した。前日比51人増となり、2日で300人超に戻った。200人超は8日連続。西東京市は1人増の129人となり、再び感染者が増え始めた。

支給決定通知書

 西東京市は8月4日、1人一律10万円の特別定額給付金の給付実績が8月3日までに計9万5789世帯になったと発表した。市内10万世帯の支給率は96%に達した。郵送、オンラインの申請は8月31日まで。