Print This Page Print This Page

FM西東京・ひばりタイムス共同企画「6人の新人議員たち」

 

 2018年12月末の市議会議員選挙で初当選した議員は、28人のうち6人。その新人議員たちに、議会と地域の課題を聞くFM西東京とひばりタイムスの共同企画「6人の新人議員たち」が始まります。FM西東京の放送は3月5日(火)から7日(木)、3月12日(火)から14日(木)の午後1時から。再放送は同日夜8時15分から。ひばりタイムスは放送終了後に掲載します。
 掲載に当たって話し言葉などを整理し、ひばりタイムスからの追加質問、各議員のコメントも付け加えて編集しました。(編集部)

 

 【はじめに】
 こんにちは。原志保です。
 昨年2018年12月23日に西東京市議会議員選挙が行われました。33人が立候補し、28人の市議会議員が選出されました。現職は22人、新人は6人です。最終投票率は36.84%と前回より4ポイント下がり、過去最低を記録しました。今回の市議選は、西東京市民の市議会への関心の低さが反映された結果となりました。この番組では6人の新人議員を日替わりでお迎えします。この数値をどう感じているか、 これからの行政には何が必要か、それぞれのフレッシュな目線で、まちへの思いや 西東京市議会について伺っていきます。 (聞き手はFM西東京パーソナリティーの原志保さん)

 

新人議員の話を聞くパーソナリティーの原志保さん(FM西東京のスタジオ)

 

第1回 中川清志さん(自由民主党)「命の大切さ、尊さを伝えたい」(3月5日放送、掲載)
第2回 佐藤大介さん(立憲民主党)「高齢者対策を一番に」(3月6日放送、掲載)
第3回 山田忠良さん(自由民主党)「子供の命とお年寄りの生活を守る。次世代につなぐ」(3月7日放送、掲載)
第4回 田村広行さん(無所属)「政治を身近に、市民の声を市政に」(3月12日放送、掲載)
第5回 中村駿すぐるさん(日本共産党)「憲法の生存権が生きる政治を市政から」(3月13日放送、掲載)
第6回 冨永雄二さん(統一会派みらい)「一市民の立場で活動を積み上げる」(3月14日放送、掲載予定)

 

 

(Visited 195 times, 1 visits today)