Print This Page Print This Page

わたしの一冊

 

 自分の人生を変えた一冊、心に深く残った一冊、ぜひ勧めたい一冊。自分にとって取っておきの本を紹介する新企画です。(編集部)

 

第1回 J・クリシュナムルティ著、大野純一訳『生と覚醒めざめのコメンタリー』(全4巻)by  片岡 義博(2020年10月8日)

第2回 井上靖著 詩集『北国』 by 川地 素睿(11月12日)

第3回 アリス・フェルネ著、デュランテクスト冽子訳『本を読むひと』 by 渡邉 篤子(12月10日)

第4回 デイビッド モントゴメリー、アン・ビクレー著、片岡夏実訳『土と内臓』 by 道下 良司(2021年1月14日)

第5回 レイチェル・カーソン著、上遠恵子訳、森本二太郎写真『センス・オブ・ワンダー』 by 卯野 右子(2月11日)

第6回 アゴタ・クリストフ著、堀茂樹訳『悪童日記』  by 北嶋 孝(3月11日)

第7回 佐々木正美著『はじまりは愛着から』 by 石田 裕子(4月8日)

第8回 村上春樹著『1973年のピンボール』 by 杉山 尚次(5月13日)

第9回 浅田次郎著『ラブ・レター』 by 墨 威宏(6月10日)

第10回 石田衣良著『池袋ウエストゲートパーク』 by 菊池ゆかり(7月8日)

第11回 リカ・ザライ著、福井美津子訳『私の自然食』 by 道下 舞子(7月29日)

第12回 森下典子著『いとしいたべもの』 by 倉野 武(8月12日)

第13回 手塚治虫著『ブラック・ジャック』 by 松田 健(9月9日)

第14回 河北新報社報道部著『止まった刻―検証・大川小事故』 by 兼子義久(10月14日)

 

 

「止まった刻」

河北新報社報道部著『止まった刻―検証・大川小事故』

 

  * 毎月第2木曜日に掲載予定です。臨時掲載もあります。

 

 

(Visited 560 times, 1 visits today)