アースデイ西東京2021<春のミニフェス> <オープニングイベント> 4月22日(木)午前10:00~11:00 ・会場:西東京いこいの森公園パークセンターセミナールーム ・挨拶・参加団体等紹介・イベント/スタンプラリー等紹介(参加者にボーナススタンプ)、他 <アースデイ週間>(EarthDay 2weeks) 4月22(木)~5月7日(金)  ※この期間、市内や近隣のアースデイスポットにてミニイベントやスタンプラリー等を実施いたします! ※詳細は次のページ参照。 https://www.facebook.com/events/971057906997183/?event_time_id=971057906997183&source=6&ref_notif_type=plan_user_invited&action_history=null

 

講師 川村匡由さん(武蔵野大学名誉教授)  今後30年以内に直下型地震が発生する可能性が70%と言われ、減災の必要に迫られているなか、「社会保障学者」の立場から、市域防災と地域福祉の連携による「防災福祉コミュニティの必要性」について話す。

 

BC戦犯DVD上映会

BC戦犯DVD上映会のちらし(クリックで拡大)

いまだ解決していない戦後の人権問題の一つである「韓国・朝鮮人元BC戦犯者」に関するDVDを連続して上映しています。元戦犯者として救済と名誉回復を訴えてきた李鶴来(リハンネ)さん(西東京市在住)の活動を、DVD鑑賞を通してぜひ一緒に考えてみませんか。 定員50人。(予約希望と開催確認は連絡先まで)

 

イベント内容 1.特別緑地保全地区春の見学(一般開放) 日頃、開放していない「屋敷林」を一般開放します。 2.屋敷林クイズラリー 「旧高橋家屋敷林ってどんなところ?」  クイズに挑戦しながら、緑豊かな自然を見学してみませんか。当日受付時に、問題用紙を配布します。クイズを解きながら、屋敷林の魅力を見つけてください。 3.屋敷林展 旧高橋家屋敷林の四季折々を写真で紹介します。

4.屋敷林見学ガイドツアー  ※高橋家屋敷林保存会の方の説明で敷地内を見学します 1回目 午前11時から11時30分 2回目 午後1時30分から2時 ※当日現地にて受付 各回開始10分前に、屋敷林内ガイドツアー受付前にお集まりください。 注:新型コロナウイルス感染症対策で、人数制限させていただきます。 ご参加いただけない場合もありますがご了承ください。

5.竹細工・木工細工紹介コーナー 日頃、屋敷林の保全のため活動しているボランティア団体の方々が、 屋敷林の竹や木を再利用して使った木工細工を紹介。 工作の体験もできます。 6.野草園観察  春に見ることができる野草の見学をしてみませんか。

 

新型コロナウイルス感染症の影響などを考慮し、本年度は役員、関係者のみで挙行します。

市は条例で4月12日を「西東京市平和の日」と定めています。 昭和20年のこの日、米軍のB29爆撃機による空襲により、本市とその周辺地域では多くの尊い命が失われました。被害の集中した田無駅周辺では、昼時に空襲を受け、50人以上の方々が犠牲となりました。長い年月を経ても、戦争の体験を風化させることなく平和の意義を語り継ぐために、非核・平和をすすめる西東京市民の会と共催で、さまざまな取り組みが行われています。

 

わいわいフードパントリーちらし

わいわいフードパントリーのチラシ(クリックで拡大)

4月2日は国連の定めた世界自閉症啓発デー。日本でも4月2日~8日を発達障害啓発週間とし、自閉症や発達障がいを知り、理解するための様々なイベントが行われ、西東京市でもスカイタワー西東京がブルーに点灯します。

議題  第2期文化芸術振興計画 ほか 傍聴  3人 担当  文化振興課(電話:042-420-2817)

議題  事業計画・報告について ほか 傍聴  5人 担当  柳沢公民館(電話:042-464-8211)

議題  第4期西東京市子ども読書活動推進計画策定  傍聴  3人 担当  中央図書館(電話:042-465-0823)

講演会ちらし

(クリックで拡大)

講師:加藤直樹さん(ノンフィクション作家) 定員:50名、事前申込みが必要です(市内在住・在勤・在学優先) 申込先:市民自治井戸端会議 阿部 ☎042-424-3410 資料代:100円

共催:市民自治井戸端会議  http://www.idobata.tokyo.jp/    西東京市公民館

*加藤直樹さんのプロフィール*  ノンフィクション作家  著書に『九月、東京の路上で』 共著に『NO ヘイト!』他 翻訳にチェ・ギュソク作『沸点 ソウル・オンザ・ストリート』

 

*市民自治井戸端会議* 発足当初には市民文化会館(現在の「こもれびホール」)の建設に「バブルの館の構想だ」と異議を唱え、その渦中に「保谷ハイパー薪能」での不正経理問題に直面して、住民監査請求から住民訴訟へと会を挙げて取り組むなど、現実への取り組みも「手探り」で行なってきました。 市民自治井戸端会議は会員が関わっている課題を受けて、他の会員がその課題を共有し、それを会が応援するという形でさまざまな問題に対処してきました。 勉強したり(公民館市民企画事業)、映画会をやったり、行政へ意見や質問をだしたり、異議申し立て(住民監査請求や裁判も)をしてきています。 ●年会費」1,000円 ●定例会:月に1回(第ニ日曜日) ●場所:西東京市内の公民館

人間一人、一人違いがあるのがあたり前、いろいろ意見交換、議論、情報交換しています。会員になってみようかなと思われる方はチラシの問合せ先まで。ご連絡いただけると嬉しい!です。

 

「未来をなぞる」上映会チラシ

「未来をなぞる」上映会チラシ(クリックで拡大)

わいわいフードパントリーちらし

わいわいフードパントリーのチラシ(クリックで拡大)

わいわいフードパントリーちらし

わいわいフードパントリーのチラシ(クリックで拡大)