(クリックで拡大)

主催する東大生態調和農学機構社会連携協議会は、同機構、西東京市、市民の三者が構成し、2013年に設置された。機構の知見と自然環境を「地域資源」と考え、研究者や学生たちとともに市民が参加する協働事業を企画し、交流の場をつくり上げてきた。シンポジウムはzoomを使う。サブタイトルは「みんなで考えよう!広大な農と樹木の研究拠点」。 定員は先着80人。事前予約制。申し込みは受け付け中で、10月25日まで専用サイトから。

議題  事業計画・報告について 傍聴  5人 担当  柳沢公民館(電話:042-464-8211)

 

ところ 田無庁舎3階庁議室(WEB会議にて開催) 議題  事務手数料の適正化について 傍聴  5人 担当  企画政策課(電話:042-460-9800)

Learning Crisis研究会は9月11日、一般社団法人社会情報学会と共催で、立川など多摩地区にもゆかりのある作家、野崎まど先生をお招きしてのオンラインシンポジウムを開催することとなりました。本シンポジウムは、社会情報学会の2021年度研究大会のシンポジウム企画を、一般公開するものです。市民の皆様にも無料でご参加頂けます。

【シンポジウム】「もうそれだけの人類-Post-COVID-19後の市民社会とDX /AIを現代文学から読み解く」 講演:野崎まど先生(作家) シンポジスト:松本早野香先生(大妻女子大学)/濱松若葉(津田塾大学大学院) 司会:柴田邦臣先生(津田塾大学)

【シンポジウム説明】 野崎まど先生は、日本SF大賞候補作品の『know』をはじめとして人間と情報社会の在り方や、AIとの関係性、人間の本質性を問いかけるような作品を多数執筆なさっています。 本シンポジウムでは、野崎まど先生と共に、AIと市民社会について考えてまいります。 ご講演の途中で、素敵なプレゼントが当たる楽しいクイズ大会もございます! 是非、奮ってご参加ください。

【日時】9月11日(土) 14:15~17:10 【開催】オンライン開催(zoom) 【参加費】無料(要事前申し込み:先着200名) 【申込み先・期限】下記Google formより受け付けます。申込み期限は、8月27日~9月6日(上限になり次第終了)です。https://forms.gle/Jd21ercxSipZkfuD6

【スケジュール】 14:15-15:15 野崎まど先生ご講演 15:15-16:00 SSI&まなキキ presents 「野崎まど杯(仮)」争奪 デジタル×SF大クイズ大会 →入賞者には景品を後日郵送します! 16:00-16:10 (休憩) 16:10-17:10 パネルディスカッション・質疑応答

【本件に関するお問い合わせ】 ・(一社)社会情報学会 大会企画委員会・実行委員会 2021taikai-toukou@ssi.or.jp ・Learning Crisis研究会「まなキキ・プロジェクト」インクルーシブAI研究チームsociety@lerningcrisis.net (主催者告知から)

 

令和3年第3回西東京市議会定例会会期内日程(素案) 【会期32日】 8月27日(金) 9:30 議会運営委員会、10:00 本会議(議案等上程、付託)、予算特別委員会(正副委員長互選)、広報委員会 28日(土) 休 会 29日(日) 休 会 30日(月) 10:00 本会議(一般質問) 31日(火) 10:00 本会議(一般質問) 9月1日(水) 10:00 本会議(一般質問)  2日(木) 9:30 議会運営委員会、10:00 本会議(一般質問、議案上程~付託)  3日(金) 10:00 企画総務委員会、建設環境委員会  4日(土) 休 会  5日(日) 休 会  6日(月) 10:00 文教厚生委員会  7日(火) 10:00 予算特別委員会、決算特別委員会(正副委員長互選)  8日(水) 10:00 企画総務委員会  9日(木) 10:00 議会運営委員会  10日(金) 休 会 (事務整理日)  11日(土) 休 会  12日(日) 休 会  13日(月) 休 会 (事務整理日)  14日(火) 9:30 議会運営委員会、10:00 本会議(委員会審査報告、議員提出議案上程~議決)  15日(水) 10:00 決算特別委員会  16日(木) 10:00 決算特別委員会  17日(金) 10:00 決算特別委員会  18日(土) 休 会  19日(日) 休 会  20日(月) 休 会 (祝日)  21日(火) 10:00 決算特別委員会  22日(水) 10:00 決算特別委員会  23日(木) 休 会 (祝日)  24日(金) 休 会 (事務整理日)  25日(土) 休 会  26日(日) 休 会  27日(月) 9:30 議会運営委員会、10:00 本会議(委員会審査報告~議決)

 

ポスター

(クリックで拡大)

PEACE ROADは2013年に日韓友好を願う日本人と在日コリアンの自転車 愛好家5人ほどが日本列島を縦断走行したことをきっかけとして始まった「平和と友 好の思いを社会に繋ぐイベント」です。 2014年から一昨年までは都内各所を一日か けて走行してまいりました。昨年よりコロナウイルスの関係で日時、地域も限定して開 催する運びとなりました。  国際結婚の子弟等様々な背景を持つ青年を含め、日韓友好や世界平和に関心 を持つ青年・学生等中心に自転車ライダーの参加を促し、心を繋ぐ国際交流と平和 の大切さをアピールします。 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、国際的に自由な交流が制限され ている中、「いまこそ、ひとつに。つながろう、つなげよう」をテーマに、東京都 の「多文化共生のまちづくり」への貢献を目指します。(ポスターから)

走行コース:西東京いこいの森公園⇒西東京市役所⇒国分寺市役所⇒祥應寺(黄檗宗)⇒小平神明寺⇒小平市役所 解散 主催:Peace Road2021 北多摩実行委員会 参加者:自転車愛好家(日本人と国際結婚子女)ら

*売り切れ次第終了(荒天中止) *保谷梨、保谷ブドウ、花、野菜などの販売を予定。 *エコバッグ持参にご協力ください *来るまでの来場はご遠慮ください

 

開催日時 8月4日(水)~8月6日(金) 午前10時から午後5時まで(6日は午後3時まで

展示内容 旧保谷庁舎にゆかりのある写真(主に中央図書館所蔵)

旧保谷庁舎パネル展示会のオープニングについて 令和3年8月4日(水曜日)午前10時より(30分程度) 開催内容:市長挨拶、市議会議長挨拶 等

 

チラシ

茨木のり子没後15年の集いのチラシ表(クリックで拡大)

チラシ

裏(クリックで拡大)

詩人茨木のり子さんは西東京市東伏見に48年間暮らし、創作活動を続けられました。 今年は没後15年です。朗読と音楽を通して、茨木さんの詩と生きる姿勢を振り返り、確かめ、味わい、理解を深めます。心がほぐれ、力が湧いてくるでしょう。きっと新たな世界が広がるでしょう。皆様どうぞいらしてください! (チラシより)

ディノレース クラフト

(クリックで拡大)

“ディノシリーズは主に2つのコンテンツで構成されています。 ①DINO CRAFT:自分の描いたぬり絵が自動でペーパークラフト生成されます。世界で一つだけの恐竜ペーパークラフトをお持ち帰りいただけます。 ②DINO RACE:自分でぬり絵した恐竜を使って、友達と大画面でレースが出来るコンテンツです。ぬり絵をスキャンすると、ペーパークラフトとして自動生成されます。

持ち帰ったペーパークラフトは家で親子で創造活動の楽しさ、共同作業の楽しさを味わえます。夏休みに向け、子供たちが楽しんで体験できる企画の創出を契機に、アスタを中心に人が繋がり、まちの活性化と賑わいの再開を図っていきます。” (プレスリリースより)

 日本がアジア太平洋戦争に突入した歴史と、戦前・戦後の憲法を詳しく解説した資料を参加者の方に提出します。明治憲法では人権保障も立憲主義も不完全だった。戦争がさらに不完全にした経緯を踏まえ日本国憲法を学びます。  戦前の日本人は本来の意味での立憲主義を持たなかった。各人が国家に組み込まれていた。そして国家の外に立ち、国家を批判できる立脚点を持たなかった。そのため戦争に突き進む、天皇制国家をコントロールできなかった。そして、人々は不条理な死に追い込まれた。戦争の研究、戦争の責任の追求は今なお不十分である。(チラシから)

 

チラシ

チラシ表(クリックで拡大)

ちらし裏

チラシ裏(クリックで拡大)

多様な働き方をサポートする清瀬市のコワーキングスペース「ことりば」の8月1日オープンを記念して、同スペースの紹介や施設案内を兼ねた内覧説明会と同時開催する起業家マルシェ。女性起業応援事業として今年で6年目を迎える「キヨセdeフェスタ」がプロデュースし、アクセサリーや布小物、卵を使わないお菓子の専門店など清瀬市近隣で活動する11店舗が参加する。

 

=緊急事態宣言下のため中止となりました(7.12)=  市では、老朽化した公共施設が増えており、多くの公共施設が今後一斉に更新時期を迎えます。人口減少や少子高齢化による厳しい財政状況が見込まれる中、すべての公共施設を今後も維持していくことは困難であると予想されます。そのため、更なる財政負担の軽減や平準化とともに、市民サービスの維持・向上を図り、様々な市民ニーズに今後も対応するため、「公共施設の再編(見直し)」に取り組んでいます。  現在、公共施設に関する計画の改定などに取り組んでおり、公共施設で提供しているサービス機能の方向性や、再編を検討する際の基準などの検討にあたり、市民の皆様との意見交換会を開催いたします。(令和3年度は3回開催予定)  お子さんやお孫さんの世代へ公共施設を最適に引き継ぐためには何をすればよいのか、意見交換しませんか?将来に向けてみんなで考えましょう!

=中止= 第1回テーマ 公共施設等の現状と課題を知ろう! 公共施設のサービスについて考えよう!

・7月18日(日曜日)午前10時から正午 田無第二庁舎4階会議室 ・7月19日(月曜日)午後7時から9時 防災センター6階講座室 ※各回とも同じ内容となります。 ※開場は上記の時間の30分前となります。

対象者 市内に在住・在勤・在学の方 定員 各回30人程度(申込順)

申込方法 7月15日(木曜日)午後5時までに、参加希望日・住所・氏名・年齢・電話番号を電話またはメールで下記の問い合わせ先までお申込みください。 担当 公共施設マネジメント課 Mail:manage@city.nishitokyo.lg.jp 電話:042-420-2800 ファクス:042-460-7511

 

神社で献血

(田無神社提供)(クリックで拡大)

一般財団法人国際災害対策支援機構が東京都赤十字血液センターと協力して企画する献血事業「神社de献血」。今年1月4日と5日に田無神社で実施され、両日で計116人が献血に訪れた。今回は2回目。

チラシ

パネル展チラシ(クリックで拡大)

展示期間 7月11日(日)~17日(土) 9時~17時(11日13時から)