西東京市議会議員選挙でトップ当選した長井秀和さん(52)は12月25日深夜、選挙結果について「1年半、頑張ってきた活動を、しっかり見てもらえた」と語った。今後の議員活動では旧統一協会の被害者救済、(東京都が実施した)英語スピーキングテストなどの課題をあげたほか、西東京市の知名度が上がるイベントに取り組むと語った。主な内容は次の通り。

 西東京市議会議員選挙(議員定数28人)は12月25日に投開票が行われ、芸能界で活躍した無所属の長井秀和氏(52)が3482票を獲得してトップ当選した。自民党は8人、公明党は5人当選したが、自公で計13人どまり。共産党は1人減で3人。立憲民主党は4人全員当選を果たして倍増。西東京・生活者ネットワークの2人も3期目へ。日本維新の会、国民民主党はそれぞれ初議席を獲得した。市長支持派の自公が過半数を割ったこともあって、今後の議会論議は目を離せない状況となった。(写真は、ポスターを指さす家族連れ 12月25日午後4時35分、谷戸第二小学校付近)

 西東京市議会議員選挙の投票は25日午前7時から始まり、午後7時現在の投票率は25.48%、前回比0.27ポイント低となった。期日前・不在者投票は午後8時の確定で算入される。

 西東京市議会議員選挙の投票が12月25日午前7時から始まり、午後3時現在の投票率は16.16%、前回より1.08ポイント低くなった。前回より4175人多かった期日前・不在者投票者数は含まれていない。

 西東京市議会議員選挙の期日前投票は12月24日午後8時に終了し、19日から6日間で計1万9409人が投票した。当日有権者16万9253人の11.47%。19日から2カ所、22日から追加1カ所の計3カ所で実施された。(写真は、ひばりが丘図書館の期日前投票所)

 西東京市議会議員選挙の終盤戦。街中を選挙カーが走り回り、候補者が駅前で演説する姿も目立つ。議員定数28人、立候補者40人。投票日は12月25日。選びきれないと悩む方に、必要情報をそろえたツールや資料がすでに用意されている。(写真は、投票を呼び掛ける横断幕。ひばりヶ丘駅南口)

 西東京市議会議員選挙が12月18日に告示され、これまでの最多40人が立候補した。FM西東京はこのうち希望した34人の「政見」を収録し、同日午後5時から動画共有サービス「YouTube」(ユーチューブ)上で配信を始めた。公職選挙法で定める「政見放送」ではなく、同局は電子メール以外のネット利用による「政見動画」と位置付け、「地域のコミュニティー局だからこそ出来る新たなチャレンジ」と話している。(写真は、市議選のポスター掲示場=ひばりヶ丘駅南口。12月21日午後4時50分)

 西東京市の市議会議員選挙が12月18日に告示され、同日午後5時締め切りまでに40人が立候補を届け出た。西東京市議選の過去最多となった。このうち現職22人、元職1人に対し、新人が17人。新しい党派・政治団体所属が目立った。また芸人や歌手、プロレスラーなど出身も多彩となった。議員定数は28人。投票日は12月25日。(写真は、谷戸小学校前の横断幕)

 小平市出身で2020年東京オリンピック体操・銅メダリストの村上茉愛さん(26)が小平市観光まちづくり大使に委嘱され、11月24日、市役所で小林洋子市長から委嘱状を手渡された。村上さんは「お世話になった小平の観光大使になってみたかったんです」と笑顔を見せた。(写真は、委嘱状を手にする村上茉愛さん(右)と小林洋子市長)

 西東京市議会の議会運営委員会が11月15日に開かれ、第4回定例会の会期を11月18日から12月7日までの20日間とすることを確認した。定例会初日に正式決定する。市議会議員の選挙が12月25日に予定されているため、改選前の最後の議会となる。

 西東京市議会の第5回臨時会が11月4日に開かれ、約6億1300万円を追加する一般会計補正予算案(第10号)を全会一致で可決した。18歳以下の子どもを育てる市内の全世帯に子ども1人当たり1万5000円を支給、乳幼児へのコロナワクチン接種、エアコンなど業務用空調機器更新の経費補助-の3事業が本決まりとなった。(写真は、補正予算案の提案理由を説明する池澤隆史市長)

 来年4月に開催予定の小平市議選に向けて「今任期での議員活動実績を聞く」をテーマに、小平市議と市民が語り合う懇談会が10月29日午前、中央公民館で開かれた。全体のほぼ半数に当たる12人の市議が市民約30人と市の抱える課題について意見を交換した。

 西東京市の一般会計補正予算案(第9号)が10月17日の市議会で全会一致で可決された。物価高騰とコロナ禍が直撃する世帯の負担軽減策が実施されることになる。物価高騰対策として給付されるのは1世帯当たり5万円。西東京市全世帯の22.8%、4~5世帯に1世帯が対象と見込まれている。

 西東京市議会議員選挙で連続4期トップ当選を続けてきた森輝雄氏(75)が今年12月に予定される市議会議員選挙に立候補しないと10月17日、明らかにした。「余力のあるうちに、次の力のある者にバトンを渡したい」と述べ、12月の選挙で新人2人を推薦、応援するという。(写真は一般質問に立つ森輝雄氏。2017年6月)

 12月18日告示、25日投票の西東京市議会選挙に先立って、市選挙管理員会による立候補予定者説明会が10月17日、市の南町スポーツ・文化交流施設「きらっと」で開かれた。現職の議員や元議員、新たに挑戦する新顔ら39組が参加。選挙手続きなどの説明に耳を傾けていた。