西東京市は10月13日、市内の私立認可保育施設で園児1人、中学校で男子生徒1人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判明したと発表した。保育園では他の園児が濃厚接触者に特定され、自宅待機となった。

 西東京市は10月12日、新型コロナウイルスの週間感染は9人、累計で4055人になったと発表した。週間感染が一桁台になったのは、昨年9月9日~15日の1人以来、1年2ヵ月ぶり。(グラフは、市内の週間感染の推移。西東京市webから)

 西東京市は10月8日、新型コロナウイルスワクチンで誤接種の報告が3件あったと発表した。市内の医療機関で2件、市外の職域接種会場で1件。いずれも健康被害はなかったという。

 西東京市の特別養護老人ホーム「保谷苑」( 多久島靖子苑長)は10月8日、新たに職員1人が新型コロナウイルスの検査で陽性と判明したと発表した。これで職員の感染は9人となり、入所者30人と合わせて計39人の感染が明らかになった。

 西東京市は10月7日、市内の市立小学校の児童1人が新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。調査の結果、「学校活動において感染拡大の恐れはないことを確認した」としている。

 西東京市は10月6日、西東京市の新型コロナワクチンの接種状況を発表した。12歳人口の66.69%が2回接種を終え、全人口の60.21%となった。年代別の2回接種は70歳以上が89.97%でトップ。最低は12歳~19歳の39.90%となり、ほぼ年齢順だった。

 西東京市は10月5日、市内の週間感染は33人、累計は4046人になったと発表した。週間感染は前週より14人増え、連続減少は7週でストップした。入院など療養中は4日時点で計96人だった。(グラフは、市内の週間感染の推移。西東京市webから)

 西東京市は10月5日、市内の市立小学校で児童1人が新型ウイルスに感染していることが判明したと発表した。「学校活動で感染の恐れがないことを確認した」としている。

 小平市は10月4日、新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場で、通常よりも濃度の薄いワクチンを最大6人に誤って接種した可能性がある、と発表した。健康被害が生じる可能性はないという。

 西東京市の特別養護老人ホーム「保谷苑」は10月4日、新たに入所者12人、職員4人が新型コロナウイルス感染で陽性と判明したと発表した。これで陽性判明は入所者30人、職員8人となり、計38人の感染が明らかになった。保谷苑デイサービスセンターも一時休止した。

 新型コロナウイルス感染が続いている西東京市の特別養護老人ホーム「保谷苑」は10月2日、あらたに入所者6人、職員2人が陽性と判明したと発表した。これで同苑の感染は計22人となった。

 西東京市栄町3丁目の特別養護老人ホーム「保谷苑」(多久島靖子苑長)は10月1日までに、入所者12人、職員2人の計14人が新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。多摩小平保健所の指導の下に「感染拡大防止に全力で努めてまいります」としている。

 西東京市は9月30日、市内の小学校で児童2人が新型コロナウイルスに感染したことが判明したと発表した。「学校活動で感染拡大の恐れがないことを確認した」としている。

 西東京市は9月29日、新型コロナウイルスの週間感染は19人、累計4013人と発表した。感染減少は7週連続、10人台は3月10日~16日の週の16人以来、28週ぶり。2回目のワクチン接種が済んだ12歳以上の市民は61.4%となった。(グラフは、市内の新規感染者の推移=西東京市Webから)

 西東京市は9月22日、市内の新型コロナウイルス週間感染は59人、累計感染は3994人と発表した。週間感染は6週連続の減となった。21日時点の療養中は179人、ワクチン接種率は12歳以上の市民で2回目が済んだのは20日時点の集計で55.1%だった。(グラフは、市内の新規感染者の推移=西東京市Webから)