新型コロナウイルスに関連した患者の発生について(第558報)(クリックで拡大)

 東京都は7月11日、新型コロナウイルスの感染者が206人と発表した。3日間連続200人以上を記録した。感染経路不明は101人。20代と30代で計144人だが、40代、50代も次第に増えてきた。死亡は変わらず325人、患者総数は7721人。新宿区は前日からさらに92人増えて1056人となり、1000人台を突破して都内トップ。西東京市は連日1人増の65人となった。

介護老人保健施設「葵の園・ひばりが丘」

 西東京市ひばりが丘3丁目の介護老人保健施設「葵の園・ひばりが丘」の職員1人が新型コロナウイルスに感染したことが7月10日までに明らかになった。感染が分かった後、施設職員ら約70人がPCR検査を受け、全員陰性と判明した。

「おうち時間応援パック」が75歳以上の市民に届いた(© northisland)

 西東京市で、6月下旬から7月にかけて、市内75歳以上の市民に「おうち時間応援パック」が配布された。市内全ての小学校が参加し、それぞれの学校から10人程度の児童が応援メッセージを書いた。「みなさんが元気がないと聞いてとても心配しています。一日もはやく、えがおがもどることをねがっています」などと、子ども達の思いが素直につづられている。

都内の最新感染動向(東京都コロナウイルス感染対策サイト)

 東京都は7月10日、新型コロナウイルスの感染者が243人と発表した。前日の224人から19人増え、過去最多を連日更新した。感染経路不明は101人。20代と30代で計186人となった。死亡は変わらず325人、患者総数は7515人。新宿区は前日から一挙に64人増えて964人と都内トップ。西東京市は連日1人増の64人となった。

国立感染症研究所で分離に成功した新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 練馬区は7月10日、区立学童クラブ職員1人が新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。区は施設を消毒するとともに、濃厚接触者として特定された児童と職員計58人のPCR検査を実施する。

新型コロナウイルスに関連した患者の発生について(第553報)(東京都福祉保健局)

 東京都は7月9日、新型コロナウイルスの感染者が224人と発表した。4月17日の206人を超えてこれまでの最多を記録した。感染経路不明は104人。20代と30代で計169人、75%を占めた。死亡は変わらず325人、患者総数は7272人。新宿区は2人増えて900人と都内トップ。西東京市は1人増えて63人となった。

 西東京市は7月9日、市内の私立認可保育施設で保育業務に従事する職員1人が新型コロナウイルスに感染していると判明したと発表した。保育園は9日から臨時休園し、多摩小平保健所が調査に入っている。今後は保健所の助言を踏まえて対応するという。

都内の最新感染動向(東京都コロナウイルス感染対策サイト)(クリックで拡大)

 東京都は7月8日、新型コロナウイルスの新たな患者は75人と発表した。1週間ぶりに2桁台になった。感染経路不明は34人。20代と30代で計47人。死亡は変わらず325人、患者総数は7048人と7000人を超えた。新宿区は10人増えて898人と都内トップ。西東京市は3人増えて62人となった。

 順天堂大学医学部附属病院(児島邦明院長)は7月8日、病棟看護師1人が新型コロナウイルスに感染した後を受けて医師や職員らのPCR検査を進め、同じ病棟の医師、職員、入院患者ら60人の検査を実施して全員の陰性を確認した、と発表した。これまで最初の感染者のほか、看護師2人の感染を確認。そのほか病棟の入院患者や看護師ら40人余りが陰性と分かり、看護師計3人以外に陽性は出ていない。

順天堂大学医学部附属練馬病院

 順天堂大学医学部附属練馬病院(児島邦明院長)と練馬区は7月7日、病棟看護師1人が新型コロナウイルスに感染したほか、新たに2人の看護師が陽性と判明したと発表した。感染者は計3人になった。濃厚接触の疑われるほかの看護師5人、担当した入院患者でPCR検査を実施した9人はいずれも陰性を確認したという。

都内の最新感染動向(東京都コロナウイルス感染対策サイト)

 東京都は7月6日、新型コロナウイルスの感染者が102人と発表した。5日連続100人台となった。感染経路不明は42人。20代と30代で計72人、71%だった。死亡は変わらず325人、患者総数は6867人。新宿区は37人増えて851人と都内トップ。西東京市は1人増の59人になった。

支給決定通知の入った封筒

 西東京市は7月6日、1人一律10万円の特別定額給付金の給付実績が7月3日に計9万228世帯になったと発表した。これで市内10万世帯の90%を超えた。

 東京都は7月5日、新型コロナウイルスの感染者が111人と発表した。4日連続100人を上回った。感染経路不明は53人。20代と30代で計73人、66%を占めた。死亡は変わらず325人、患者総数は6765人。新宿区は44人増えて814人と都内トップ。西東京市は2人増の58人になった。

都内の最新感染動向(東京都新型コロナウイルス感染症対策サイト)

 東京都は7月4日、新型コロナウイルスの感染者が131人と発表した。3日連続100人を上回り、緊急事態宣言解除後の最多を更新した。感染経路不明は46人。20代と30代で計98人、75%を占めた。死亡は変わらず325人、患者総数は6654人。西東京市は1人増の56人になった。

順天堂大学医学部附属練馬病院

 練馬区高野台3丁目の順天堂大学医学部附属練馬病院(児島邦明院長)と練馬区は7月4日、病棟看護師1人が新型コロナウイルスに感染していると3日に判明したと発表した。練馬区保健所は濃厚接触者特定のため調査を進めている。