観察会は「自然を感じる」と好評

 西東京市の西原自然公園で5月12日、開園40年を記念し、初めての「里山フェスティバル~観察会と音楽会~」が開かれた。市民有志の手で公園の若返りをすすめてきた西原自然公園を育成する会(池田干城会長)と西東京市が共催。天候に恵まれ、家族づれや子どもたち、地域の方たちなど300人を超す人たちでにぎわった。

 「散歩道」第2回は、東大生態調和農学機構(農場)-田無演習林-いこいの森公園のコースです。萩原恵子さん(屋敷林の会、下保谷の自然と文化を記録する会)の案内を頼りに散歩を楽しんでください。(編集部) >> 第2回 

 西東京の自然を歩き、景観と文化を探る連載「西東京市の散歩道」がスタートします。筆者は、屋敷林の会、下保谷の自然と文化を記録する会で活躍している萩原恵子さん(西東京市下保谷在住)です。第1回は、下野谷遺跡公園 から 西原自然公園へ。次のページからぶらり散歩を楽しんでください。(編集部)

>> 連載「西東京市の散歩道」(萩原恵子)