まろにえ富士見通りの先に、夕陽を戴く富士山(2017年12月27日午後4時20分)

 1年の最終日、大晦日の夕陽を狙っていた。しかし空は一面の雲。掲載できたのはその前の夕陽になった。西武池袋線東久留米駅西口2階の富士見テラスから撮影した。富士山頂に夕陽が沈む光景が「ダイヤモンド富士」と評判を呼ぶスポットだ。

Read more 1日の終わり、1年の締め 富士見テラスから夕陽をみる はコメントを受け付けていません。

プラカードの下に住民が集まった(碧山小学校校庭)

 西東京市内の小中学校は災害時、地域の人たちが身を寄せる避難所になっている。いざというときに備えた避難所開設訓練を、碧山小学校と柳沢中学校で見ることが出来た。小学生は地震から生命を守る具体的な方法を学び、中学生は避難所開設を身をもって体験する。ともに地域住民らで作る避難所運営協議会と学校の協働作業だった。

Read more 地域とともに避難所開設訓練 碧山小と柳沢中で実施 はコメントを受け付けていません。

アオゲラ

 こんこんと涌き出る水は生命を支える血液のようなものです。川や池や沼は点や線で繋がっていると言えます。と同時に我々人間の生活や歴史を紡ぎ出していると言えます。  小金井公園は石神井川と多摩川上水に挟まれるかたちで位置します。となりには小金井カントリーがあり、その下を人口の水路が石神井川へと繋がります。>> 続きを読む

Read more 連載「武蔵野 生きもの フォトギャラリー」第3回 小金井公園 はコメントを受け付けていません。

おせち料理、鏡餅、お屠蘇の見本

 西東京市の谷戸公民館は12月26日、古くから伝わる食文化を子どもたちに伝えようと、子ども体験講座「おせち料理にチャレンジ!」を谷戸地区会館で開いた。午前、午後の2回の講座で合わせて24人の小学校1年生から5年生までの児童と保護者が参加した。子どもたちは専門講師の指導を受けながら、真剣な表情で食材を切ったり、「だし」をとったりした。

Read more おせち料理づくりにチャレンジ 子ども体験講座で食文化を継承 はコメントを受け付けていません。

◎怒りのメカニズムから赦し効果までも明らかに 

 石川慶子(広報コンサルタント)
 

 本著は、怒りや謝罪について科学的にアプローチした意欲的な内容で、個人の怒りを鎮める方法や効果的な謝罪とはどのようなものか、ということを実験調査による研究に基づいて解説している。

Read more 【書評】川合伸幸著「怒りを鎮める うまく謝る」 はコメントを受け付けていません。

 任期満了に伴う東久留米市長選は12月24日に投開票され、現職で自民、公明推薦の並木克巳氏(48)=無所属=が1万8,847票を獲得して再選された。対立候補の社会、共産、自由推薦の前市議桜木善生氏(67)=無所属新=は1万6,507票となり、差は2,340票だった。投票率は37.05%となって前回(2013年12月)を2.50ポイント上回った。

Read more 東久留米市長に並木克巳氏再選 桜木善生氏に2,340票差 はコメントを受け付けていません。

 東久留米市長選は12月24日に執行され、投票は午後8時で締め切られた。確定投票率は37.05%となって前回(2013年12月)を2.50ポイント上回った。期日前投票が前回より約3800票多く、最終集計で投票率を押し上げた。

Read more 東久留米市長選投票率は37.05% 前回より2.50ポイント上回る はコメントを受け付けていません。

 東久留米市長選挙の投票が12月24日行われ、午後6時現在の投票率は25.05%と前回25.81%を0.76ポイント下回った。同市選挙管理委員会が発表した。当日有権者数は9万6590人。

Read more 投票率は午後6時現在25.05% 東久留米市長選で前回下回る はコメントを受け付けていません。

 東久留米市長選挙の投票が12月24日行われ、午後3時現在の投票率は18.11%と前回同時を0.07ポイント下回った。同市選挙管理委員会が発表した。当日有権者数は9万6590人。

Read more 午後3時現在18.11%と前回下回る 東久留米市長選の投票率 はコメントを受け付けていません。

 小平市の小林正則市長は、12月20日に開いた定例記者会見で、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、市内の小中学生が競技を観戦するための「小平市東京オリンピック・パラリンピック子ども夢・未来基金」を創設したと明らかにした。

Read more 東京五輪の感動を子どもたちへ 小平市が基金を創設 はコメントを受け付けていません。

 冬の光の暖かい12月のとある日の昼頃、牧野記念庭園へ向かった。西武池袋線保谷駅の次の駅が大泉学園駅である。牧野記念庭園のことはずっと以前から知っていたけれど、拙宅から近いので行きそびれていた。紫草が地植えされているのを仲間から耳にし、初めて訪れたのが今年の真夏だったので、今回は二回目の訪問となった。>> 続きを読む

Read more 連載「幻の紫草紀行」第9回 武蔵国を歩く 練馬編 はコメントを受け付けていません。

煮いだんごに舌鼓。6年1組の教室

 東久留米市は12月15日、市内で採れた野菜をふんだんに使った給食を提供する「くるめ産給食の日」を市内20校全ての小中学校で実施した。同市立第二小学校には、市の並木克己市長や直原裕教育長、宍戸敏和指導室長などが訪れ、児童と一緒に給食を囲んだ。

Read more 東久留米市の地場産野菜ふんだんに 小中学校で「くるめ産給食の日」 はコメントを受け付けていません。

用地買収することになった第2えのき児童遊園

 西東京市議会(小幡勝己議長)第4回定例会最終日の12月19日、えのき児童遊園の用地買収などを盛り込んで2億7600万円を追加する一般会計補正予算案(第3号)を賛成多数で可決。この日提出された一般職員の給与引き上げなどに伴う710万円を追加する同補正予算案(第4号)を全会一致で可決、成立した。西東京市の一般会計はこれで総額726億518万9000円となった。

Read more えのき児童遊園の用地買収決まる 西東京市一般会計補正予算案が可決、成立 はコメントを受け付けていません。

 任期満了に伴う東久留米市長選挙が12月17日に告示され、現職で再選を目指す並木克巳氏(48)=無所属=と、前市議で社会福祉法人理事の桜木善生氏(67)=無所属=の2人が届け出た。投票日は12月24日(日)。東久留米市選挙管理委員会によると、12月16日現在の同市の選挙人名簿登録者数は9万7,888人。

Read more 並木氏と桜木氏の一騎打ち 東久留米市長選始まる はコメントを受け付けていません。

 

チラシ(クリックで拡大)

 自分たちの見聞や体験を、多くの読み手に伝えてみませんか。取材、執筆、編集の作法と技術を、西東京市と近隣の出来事を掲載してきた地域報道サイト「ひばりタイムス」編集長が具体的に伝えます。「ブログやSNSではもの足りない」「ひばりタイムスに書いてみたい」…。意欲のある方、歓迎です。>> 講座詳細ページへ

Read more 「市民ライターになる講座」1月スタート 受講生、募集中 はコメントを受け付けていません。