新型コロナウイルスワクチンの追加接種(3回目接種)が国の方針として決まったことを受けて、西東京市の実施体制が固まった。2回目から原則8ヵ月以上経過した18歳以上が対象。12月は医療従事者から始まり、年明けに高齢施設入居者らも対象に加わって動き出し、7月まで続く見通し。集団接種会場は市役所田無庁舎とエコプラザ西東京の2ヵ所。個別には市内の病院や診療所・クリニックでも接種できる。(写真は、追加接種会場の一つに予定されるエコプラザ西東京)

 西東京市の田無駅前北口の商業施設「アスタ」一帯を光で包むイルミネーション「イルミスタ2021」の点灯式が11月20日、アスタ2階の正面入口で開かれた。大型の「アスタビジョン」に特別映像が流れた午後5時20分過ぎ、カウントダウンとともに約16万球のイルミネーションが一斉に点灯。「光の散歩道」が輝き、詰めかけた大勢の人たちから拍手と歓声が上がった。(写真は、今年25回目を迎えたイルミネーション)

 今年2月に実施された西東京市長選挙の無効と東京都選挙管理委員会の裁決取り消しを求めた裁判で、東京高等裁判所(鹿子木康裁判長)は11月11日、配布された法定ビラは特定候補を想起できるけれども、「選挙人全般が自由な判断による投票が妨げられるような特段の事態が生じたとは認められない」として、原告の西東京市民39人の請求を棄却した。原告側は記者会見で最高裁へ上告する方針を明らかにした。(写真は、東京高裁などの合同庁舎)

 西東京市は11月10日、新型コロナウイルスの週間感染(3日~9日)は1人、累計感染は4083人と発表した。9日時点の入院3人、自宅療養と調整中が各1人の計5人が療養中と明らかにした。8日時点の全市民のワクチン2回接種は71.93%だった。

 東久留米市の並木克巳市長は11月4日、今年12月26日に予定されていた任期満了に伴う東久留米市長選挙に出馬しないとの声明を発表した。その中で「体調不良により次期4年間の公務を担うことは困難と判断した」と述べている。

 コロナ禍でアルバイトが出来なかったりして生活に影響の出た学生や専門学校生らに対し、西東京市は11月13日、食料品や生理用品を無償配布する。会場は同市中町の保谷庁舎防災・保健福祉総合センターの玄関付近。今年6月に続き2回目の緊急食料支援となる。(写真は、前回実施された無償配布会場から=西東京市提供)

 西東京市は11月4日、10月27日から11月2日までの週間感染は22人と発表した。東京都が30日に訂正として22人をカウントしたほかは、連日感染なしが続いた。累計は4082人だった。

 西東京市は11月2日、新型コロナウイルスワクチンを2回接種した市民は11月1日現在、市内全人口の70.78%、12歳以上は78.41%に達したと発表した。65歳以上は90.85%だった。

ちらし

「まちの地図」づくりの講座ちらし(クリックで拡大)

 地元の商店街をじっくり見て歩き、驚いたこと見つけたことを絵入りの地図にまとめる-。ひばりが丘公民館が、こんな「わがまち再発見」の連続講座を企画し、参加を呼び掛けている。11月13日から12月11日まで、毎土曜日午後2時から開く全5回。11月4日から申し込みが始まる。

 東京都選挙管理委員会の発表によると、10月31日投開票の衆議院議員選挙で東京第19区の投票率が同日午後6時現在36.09%になった。前回より3.11ポイント上回る。前回の最終投票率は53.64%。

 東京都選挙管理委員会は10月31日投開票の衆議院議員選挙(小選挙区)で、東京都第19区の午後3時現在の投票率は26.86%になったと発表した。前回衆院選より0.55ポイント高い。

 衆院議員選挙の投票が10月31日午前7時から始まった。東京第19区の西東京市の投票率は午後2時現在、23.24%となり、2017年10月の前回より2ポイント高くなった。(写真は、列が出来たひばりが丘公民館・第24投票区)

 西東京市選挙管理委員会は10月30日、衆議院議員選挙(小選挙区)の期日前投票者数は西東京市で30,792人になったと発表した。前回衆院選より353人多かった。

 西東京市と明治安田生命(本社・東京都千代田区丸の内2丁目)は10月27日、健康増進、文化・スポーツ振興、市内のイベント・事業への支援など7項目の包括連携協定を締結した。すでに新型ウイルスのワクチン接種のため市が作成したチラシを明治安田生命側が市内配布するなど協力が進んでいる。西東京市が企業と包括連携協定を締結するのは3例目となる。(写真は、協定を結んだ池澤隆史市長(右)と明治安田生命の宮崎達矢・武蔵野支社長)

 西東京市は10月27日、市内の新型コロナウイルス感染者は10月20日~26日の1週間で2人、累計4060人と発表した。週間感染は3週連続の一桁台だった。また西東京市でワクチン接種を2回済ませた12歳以上の市民は25日現在、76.75%、65歳以上は90.67%に達したことが明らかになった。