前川区長

練馬区長が新型コロナウイルスに感染 入院して容体安定、一時高熱も

投稿者: カテゴリー: 新型コロナウイルス オン 2022年8月14日

 練馬区は8月13日、前川燿男(あきお)区長(76)が新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。一時39度を超える発熱があり、PCR検査の結果、陽性を確認。都内の病院に入院した。容体は安定しているという。

 練馬区区長室によると、12日に自宅で発熱などの症状があり、一時39度3分の高熱が出た。しかし検査でコロナ陽性と分かって入院し、容体は安定。連絡がとれる上、必要な指示もできるため、職務代理者は置かないという。

 コロナ感染後は入院して10日間経過し、症状が軽快して72時間経つなどの場合は療養解除となることなどから、順調なら23日から復帰できる見込みという。
(北嶋孝)

 

 

北嶋孝
(Visited 315 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA