Calendar

(Visited 14,626 times, 31 visits today)

7月
7
文化芸術振興推進委員会 @ 田無庁舎5階 502会議室
7月 7 @ 19:00

議題  文化芸術振興計画 ほか
傍聴  3人
担当  文化振興課(電話:042-420-2817)

 

(Visited 6 times, 1 visits today)

7月
23
講演「貧困の現場から社会を変える~生活困窮者支援の現場から @   柳沢公民館視聴覚室
7月 23 @ 14:00 – 16:30

ちらし

ちらし

ちらし(クリックで拡大)

コロナ禍で広がる格差、生活困窮者の増加。
雨露しのぐ家がなく路上で暮らす人たちの支援からみえて来る社会の歪みと向き合う。だれもが尊厳を持って生きていける。そういう社会にしよう

講師 稲葉剛さん(一般社団法人つくろい東京ファンド代表、立教大学大学院客員教授、ほか)

対象 市内在住、在勤、在学
定員 50人(申し込み順)
入場料100円(資料代・広報代)
申込み・問合せ 042-461-3240(柳田)
共催 市民自治井戸端会議 西東京市公民館市民企画事業

 

(Visited 2 times, 2 visits today)

7月
24
16ミリフィルムで見るドキュメンタリー映画「阿賀に生きる」上映会 @   ひばりが丘公民館
7月 24 @ 13:00 – 16:00

(クリックで拡大)

自然の恵み豊かな一方で新潟水俣病の舞台となった阿賀野川。その流域に暮らす人々の日常が丁寧に描かれる。第24回ニヨン国際ドキュメンタリー映画祭銀賞ほか4賞を受賞、1992年度キネマ旬報日本映画ベストテン第3位など、国内外の主要なドキュメンタリー映画祭で受賞多数。監督はこの作品で芸術選奨文部大臣新人賞映画部門を受賞。後進の育成にも尽力した佐藤真監督に師事した講師によるアフタートークあり。

対象と定員
市内在住・在勤・在学者 30人(申込順)

入場無料

アフタートーク講師
畠山 容平
映画監督。1972年横浜市生まれ。映像系専門学校で畠山直哉氏に、映画美学校で佐藤真監督に師事。2011年「テレビに挑戦した男 牛山純一」で監督デビュー。2012年ベネツィアビエンナーレ国際建築展日本館展示「ここに、建築は、可能か」(ビデオ映像撮影・編集)、2015年「未来をなぞる 写真家畠山直哉」(監督)など。

申込みと問合せ
7月4日月曜日午前10時から電話かメールでひばりが丘公民館まで
電話 042-424-3011
メール hibari-kou@city.nishitokyo.lg.jp
メール申込みは、件名に「阿賀に生きる」、本文に氏名・ふりがな・日中連絡のつく電話番号・町名・年代。後日確認メールを送ります。届かない場合はお手数ですが、電話でお問合せください。

 

(Visited 6 times, 1 visits today)