元西東京市議会議長の浅野髙司さん死去、78歳 保谷駅前の再開発と地域振興に尽力

投稿者: カテゴリー: 市政・選挙暮らし オン 2023年10月18日
浅野髙司さん

浅野髙司さん(家族提供)

 旧保谷市時代から長らく市議会議員を続け、保谷市と西東京市の議会議長も務めた浅野髙司さんが10月13日、うっ血性心不全のため西東京市東町3-11-22の自宅で死去した。78歳。東京都練馬区出身。告別式は19日午前10時から練馬区南大泉5-7-20、妙福寺本應院で。喪主は長男徳宏(のりひろ)さん。

 

 1979年の旧保谷市議選で初当選。西東京市になってからは4回当選を重ねて、2019年初めまで計36年間市議として活躍した。西東京市議会自民党幹事長も務めた。1995年~98年と2009年~11年に、旧保谷市と西東京市の市議会議長となり、西東京市議会議長時代の2010年、議場コンサートを始めて計8回続く道筋を開いた。2019年に旭日小綬章が贈られた。

 地元議員として西武池袋線保谷駅南口の再開発に尽力し、同駅北口に近い下保谷4丁目、旧高橋家屋敷林の「特別緑地保全地区」指定、「あらやしき公園」寄付などの実現に労を惜しまなかったことでも知られている。有限会社浅野サイクル代表取締役として地元商店街の振興、地域活性化を図り、今秋から商店街「東町東栄会」会長になったばかりだった。

 

浅野髙司

2018年第4回定例会で、議員として最後の一般質問(2018年11月22日)

(北嶋孝)

 

 

北嶋孝
(Visited 839 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA