Print This Post Print This Post

西武池袋線などで一時運転見合わせ 送電トラブルで12万人に影響

By in 交通・道路 on 2018年7月26日

 西武池袋線で7月26日午前7時53分ごろ、送電トラブルが起きた。このため池袋線の池袋駅~飯能駅間、西武豊島線(練馬駅~豊島園駅)、西武有楽町線(練馬駅~小竹向原駅)で一時運転を見合わせた。午後1時46分までに全線で運転再開した。乗客約12万人に影響が及んだ。

 西武鉄道広報部によると、保谷変電所(練馬区南大泉5丁目)の変電機器が故障し、練馬高野台~東久留米駅間で停電した。池袋線と豊島線は午前10時13分に運転を再開。西武有楽町線は午後1時46分に再開した。この間、満員状態の車内でエアコンが止まるなどして乗客13人が体調不良を訴え、うち4人が病院に救急搬送されたという。
(北嶋孝)

(Visited 136 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA