Print This Post Print This Post

特集 ケアを通じた地域づくり(上・下)

By in 健康・医療, シニアライフ, 特集 on 2018年10月30日

1000個の風船が空に放たれた(クリックで拡大)

 超高齢社会の到来に伴って、人生の最期をどこでどのように迎えるかが切実な問題となっている。日本人の2人に1人ががんになり、3人に1人はがんで死亡する時代。終末期の限られた時間を人としての尊厳を保ちつつ過ごすためのホスピス緩和ケアは、今後ますます重要になる。在宅でのホスピスケアを通じた地域づくりを進める「ケアタウン小平」(小平市御幸町)は、早くから時代を先取りした取り組みを続けてきた。その理念と活動を2回にわたり伝える。
>> 続きを読む

(Visited 49 times, 1 visits today)

One thought on “特集 ケアを通じた地域づくり(上・下)

  1. 富沢木實
    1

    以前、三鷹でこのような取り組みをしたいと言われている在宅医療の先生のお話を「まちおもい帖」でとりあげましたが、小平の例は、知りませんでした。もうすでに、こうした取り組みがすぐ近くでなされているなんて素晴らしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA