Print This Post Print This Post

連載「西東京 帰り道 ~濱口太のフォトレッスン~」第3回 光と影の交錯

投稿者: カテゴリー: 連載 オン 2020年6月18日

光と影(07 東町)

 

【撮影データ】iPhone 8

 夕方になり陽が傾くと、季節にかかわらず町に陰影が出来る。コントラストが上がるので、陽が沈むまで劇的時間は続きます。難しいことは考えずに、塀に映った自分の影を撮ってみる。自影が疲れているようであれば、その日は良い一日です。

【ポイント】
 影の映る場所を探す。

 

光の道(08 南町)

 

【撮影データ】Nikon D4  シャッター速度1/250秒  f/10  105mm  ISO 560

 陽が低い位置に来て、真逆光になった時に光の道はできる。太陽と目線の反射角が決まるのだ。そうなれば福岡の宮地嶽みやじだけ神社に行かなくても、階段を登るだけで光の道はみられるのです。

【ポイント】
 真逆光の位置を探す。

 

行き交う(09 東町)

 

【撮影データ】Nikon D4 シャッター速度1/500秒  f/5.6  300mm ISO 560

 それぞれの役目が終わり帰路に着くとき人は行き交い、カメラで景色を止めてみると、もう一つの日常が見える。写真に写った5人の関係は何か? 女学生は部活帰りか? 下を向いているマスクマンは何をうなだれているのか? それは紅い差し色が青くなる時にわかるでしょう。

【ポイント】
 「あっ!」と思う前にシャッターを切る。

 

 

【筆者略歴】
 濱口太(はまぐち・ふとし)
 西東京市在住の写真家。六本木のスタジオフォリオを経て、ファッションカメラマン袋谷幸義氏に師事。1995年に独立後、雑誌、ウェブなどで活躍。フード撮影では佳川奈央、ポートレート撮影では河村フォトン名義で作品を発表している。地元の風物を記録する「西東京百姿フォトコンテスト」や写真集を企画した主要メンバーの一人。

 

(Visited 154 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA