Print This Post Print This Post

小平市がPCR検査センター開設 医師会と協力して毎週土曜

投稿者: カテゴリー: 新型コロナウイルス オン 2020年10月8日

 小平市は10月8日、新型コロナウイルス感染症の検査体制を充実させるため、小平市医師会と協力して「小平市医師会PCR検査センター」を10月10日に開設すると発表した。毎週土曜午後に開設し、1日最大20人程度の検査を想定している。

 健康推進課によると、発熱やせきなどの症状があり、市内の医療機関で検査が必要と判断された市民が、医師の事前予約によって無料(初診料などは自己負担)で受診できる。開設時間は毎週土曜の午後3時~午後5時。医師会が運営し、医師2人、看護師1人、事務員2人で検査に当たる。

 小平市はこれまで医師会と連携し、市内の病院を拠点にPCR検査体制を拡充してきた。今回、市内の施設に新たに専用テントを設営し、ウォークスルー方式、鼻咽頭ぬぐい液を採取する方法で実施する。開設場所は、一般市民が直接来所しても受診できず、近隣の風評被害を避けるためにも非公開としている。

 10月7日に公表された小平市の累計患者数は149人。うち139人が退院などしている。

 9月20日には小平花小金井幼稚園の園児1人の感染が判明。翌日には園舎内や通園バスの消毒を終え、濃厚接触者の園児と教職員はPCR検査の結果、23日までに全員陰性が確認された。幼稚園は健康観察を続けるため10月1日まで休園した。
(片岡義博)

 

【関連情報】
・PCR検査センターを設置(小平市
・新型コロナウイルス発生のお知らせ(小平花小金井こども園

 

(Visited 338 times, 2 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA