Print This Post Print This Post

FC東京の武藤選手が独マインツに完全移籍

By in 芸術・文化 on 2015年5月31日

 サッカーJ1のFC東京は5月30日(土)、同チームのFW 武藤嘉紀選手(22)が、ドイツ・ブンデスリーガ1部の「FSVマインツ05」へ完全移籍することに合意したと発表した。マインツは現在、日本代表の岡崎慎司選手も在籍している。西東京市はFC東京の株主となっている近隣自治体の一つ。

 ブンデスリーガのニュース報道によると、武藤選手はマインツとの間で2019年6月までの4年契約を結んだ。マインツのマーティン・シュミット監督は「武藤には以前から注目していた。足が速く、俊敏で技術の高い選手。我々のサイド攻撃の質を高めてくれるだろう」と期待している、という。

 毎日新聞によると、6月27日(土)に本拠地の味の素スタジオ(調布市西町)で開かれる1stステージ最終戦が移籍前の最後の試合になるという。

 武藤選手はユース時代からFC東京で活躍。慶応大学在学中の2014年にJリーグデビュー。 同年のJリーグ優秀選手賞、ベストイレブンにも選ばれた。同年9月に日本代表入り。今年も日本代表として活躍している。

 FC東京のWebサイトに掲載された武藤選手のコメント全文は次の通り。

 『今回このようなチャンスをいただけたのは、チームメイト、クラブ関係者、指導者の方々をはじめ、これまで武藤嘉紀に関わって下さったたくさんの方々、そしていつでも側にいて勇気を与えて下さり、応援して下さったファン・サポーターの方々のおかげです。本当に、本当に、感謝の気持ちで一杯です。
 自分の中で決断するまでには、いろいろな葛藤や迷いもありました。たくさんの方にご迷惑やご心配もお掛けしてしまいました。ただ、決断したからには、たくさんの方々に恩返しできるように、自分ができることを精一杯やりたいと思います。いまは自分が育ってきた、愛するFC東京のために、次の試合でいいプレーをすること、ゴールを決めること、チームが勝つことだけを考えます。
 ファン・サポーターのみなさまに、プレーを通して感謝の気持ちが伝えられるように、全身全霊で頑張ります。ぜひFC東京へ、武藤嘉紀へ、これまで以上に熱いご声援をよろしくお願いします』

【関連リンク】
・武藤嘉紀選手 マインツへ完全移籍合意のお知らせ(FC東京Webサイト、5月30日)
>> http://www.fctokyo.co.jp/?p=214585
MAINZ 05 VERPLICHTET JAPANER MUTO(独ブンデスリーガサイト)
>> http://www.bundesliga.de/de/liga/news/2014/mainz-05-verpflichtet-yoshinori-muto.php

 

(Visited 99 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA