Print This Post Print This Post
新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真

西東京市職員1人と市立小児童1人が新型コロナウイルス感染

投稿者: カテゴリー: 新型コロナウイルス オン 2021年4月22日

 西東京市は4月21日、市職員1人と市立小学校児童1人が新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。それぞれ「市関係者に濃厚接触者はいない」「学校活動で感染拡大の恐れはない」としている。

 

 感染した市職員は20代の男性で、まちづくり部に所属する一般事務職。4月14日が最終出勤日。18日に発熱、咳、頭痛の症状があり、19日に医療機関を受診してPCR検査を受け、20日に陽性が判明した。市外在住で、渡航歴はない。保健所の調査の結果「市の関係者に濃厚接触者に該当する方はいなかった」。

 

 小学校で感染が分かったのは男子児童。20日が最終登校日で、21日にPCR検査を実施して陽性が判明した。症状や学年、校名は発表されていない。調査の結果「学校活動において感染拡大の恐れがないことを確認した」としている。
(北嶋孝)

 

【関連情報】
・市職員の新型コロナウイルスの感染について(2021年4月21日)(西東京市Web
・市内教育施設における新型コロナウイルスの感染者について(2021年4月21日)(西東京市Web

 

(Visited 337 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA