Print This Post Print This Post

1日の終わり、1年の締め 富士見テラスから夕陽をみる

By in みどり-環境 on 2017年12月31日

まろにえ富士見通りの先に、夕陽を戴く富士山(2017年12月27日午後4時20分)

 1年の最終日、大晦日の夕陽を狙っていた。しかし空は一面の雲。掲載できたのはその前の夕陽になった。西武池袋線東久留米駅西口2階の富士見テラスから撮影した。富士山頂に夕陽が沈む光景が「ダイヤモンド富士」と評判を呼ぶスポットだ。

 ダイヤモンドのように輝くのは冬至の前後1週間(12月18日~25日)とされる。しかし撮影は12月27日と29日夕。ダイヤモンドの光輝が、山頂から微妙にずれるのもまた奥ゆかしい。

 

年末の夕焼けとともに(12月29日午後4時21分~32分)

 

 29日は午後3時過ぎに到着。暮れなずむ夕陽に2時間余り付き合った。山頂に差し掛かる陽の輝きも妖しければ、山ぎわに映る赤い夕空の余韻も艶めかしい。しばし夕陽のドラマを堪能した。
(北嶋孝)

 

【関連リンク】
・関東の富士見百景 富士見テラス(東久留米市

(Visited 38 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA