100万輪のバラを一望に 「国際バラとガーデニングショウ」

投稿者: カテゴリー: 暮らし環境・災害 オン 2018年5月22日

「国際バラとガーデニングショウ」は5月23日まで

 国内最大規模のバラとガーデニングの祭典「国際バラとガーデニングショウ」が5月18日から23日まで、埼玉県所沢市のメットライフドームで開かれている。約100万輪のバラの花が愛好家たちを迎える。今年で20回目の開催となる。

 バラで飾られたゲートを入ると、南フランスを思わせるバラや樹木に囲まれた街並み「ウェルカムガーデン」が広がる。会場全体を見渡せるブリッジからはバラを主役にした色とりどりの植栽が一望できる。

 

見渡す限りバラ尽くしのセントラルローズパーク

ハンギングバスケット壁掛タイプ

 

 その先では、ガーデンデザイナーによる新たな庭造りの提案やレンガ積み庭造り植え込み体験、ガーデン部門・ハンギングバスケット部門・バラ鉢植え部門のコンテストが行われている。他にもバラの苗木などを販売するガーデニングマーケットなどが並ぶ。

 

バラ鉢植え部門大賞花名ゴールデンボーダー

 

 この催しは、国際バラとガーデニングショウ実行委員会(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社、西武鉄道)が主催している。バラとガーデニングの魅力を紹介して、新たなライフスタイルを提案。自然と共生しながら、新しい文化の魅力を再発見することを目指している。主催者によると、海外からもユニークなイベントとして高い評価を受けているという。
(柿本珠枝)

 

【関連リンク】
・国際バラとガーデニングショウ(HP

 

【筆者略歴】
柿本珠枝(かきもと・たまえ)
 旧保谷市で育ち、現在西東京市田無町在住。1998年(株)エフエム西東京開局から携わり、行政や医療番組、防災、選挙特番など担当。地域に根差した記者としても活動している。

 

(Visited 1,678 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA