Print This Post Print This Post

都有地の除草剤、農薬使用に関する請願を採択 西東京市議会の建設環境委

By in 市政・議会 on 2019年6月16日

 西東京市議会の建設環境委員会(坂井和彦委員長)が6月14日に開かれ、西東京市内の都有地で除草剤、農薬を使用する際、市の取り組みに準拠して行うよう求める請願を審議、採決して可否同数となり、委員長の裁決で採択となった。

 西東京市は住宅地や公園などでは、病害虫の防除のために散布するほか、ガーデニングや家庭菜園用のスプレー式殺虫剤、雑草対策で使用する除草剤などの農薬使用について、「農薬の飛散を原因とする住民や子ども等への健康被害が生じないよう、できるだけ農薬を使用しない管理を心がけてください」と呼び掛けている。

 先立って審議された災害弔慰金の支給条例の改定案は可決。宅地開発などによって新たに寄付された市道路線認定の8件、変更1件の議案も可決した。

 市内北町に建設予定の自動車修理工場の建設が環境を害する恐れがあるなどとして、建築基準法を厳格に適用してほしいと求める請願は討議の結果、継続審査となった。

 このほか、電磁波・超音波と思われる住民への嫌がらせに関する陳情、最低賃金の大幅引き上げを求める意見書を西東京市が国と東京都に提出するよう求める陳情、調布保谷線(伏見通り)の残地に防災井戸・防災ベンチの設置を求めるは陳情もいずれも不採択となった。
(北嶋孝)

 

【関連リンク】
・住宅地などでの農薬使用をお考えの方へ(西東京市Web
・住宅地等における農薬使用について(西東京市Web、PDF:124KB

(Visited 81 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA