Print This Post Print This Post

「七夕まつり」を西東京名物に スカイタワー西東京で初の七夕&地ビールまつり

「七夕まつり」のチラシ(クリックで拡大)

 西東京市芝久保町のスカイタワー西東京(高さ195メートル)の下で7月7日、初の「七夕まつり」が開かれる。「地域で一番、星に近い」タワーのてっぺんに子どもたちの短冊を奉納し、田無工業高校生による「超高速流しそうめん」や地元のキャラクターショー、チアダンスやフラダンス、バンド演奏などがまつりを盛り上げる。多摩地域のメーカーの協力で「地ビールまつり」も同時開催。実行委員長の鈴木信克さんは「子どもから大人まで楽しめる地域交流の場として、西東京の新しい名物にしたい」と話している。

 当日の午前中、市内の小学生や幼稚園児らに書いてもらった短冊を、田無神社の賀陽智之宮司が地上131メートルにある機械室のスペースに奉納する。

 

子どもたちの短冊は、鉄塔上部に奉納される

 

 昼過ぎから田無工業高校生が工夫した「超高速流しそうめん」をお披露目する。同校によると、ポンプで水を汲み上げ、10メートルほどの樋を使う。当日は生徒会を中心に10数人の生徒が参加。そうめん流しに挑む。

 午後は、隣接する多摩六都科学館の高柳雄一館長の講演「七夕と星の話」がある。鉄塔の足元に設営されるステージで、スカイタワーのマスコットキャラクター「そらぽん」をはじめ、地元のキャラクターが顔見せするほか、チアダンスやシンガーソングライターすずきまいさんのピアノの弾き語り、Mami & the Hot Streetsのジャズライブなども予定されている。

 

会場はタワーの足元に広がる会社敷地

 

 会場は、スカイタワーを管理する株式会社田無タワーの敷地。その一角に、石川酒造、豊田ビール、青梅麦酒など多摩地域6社のビールが集合。語呂合わせで「多摩ばた地ビールまつり」を開き、それぞれ独特の味わいが楽しめる。西東京産のソーセージや、近隣の餃子やお菓子、ナポリタンのお店も出品。キッチンカー2台も店を出すという。

 このイベントは昨年、鈴木さんをはじめ市内の企業人らの話し合いから生まれた。「仮装大会の賑わいを取り戻したいね」との言葉に、その場が盛り上がった。「田無仮装大会」は1953年(昭和28年)から8年間続き、その後2001年に復活したが今は途絶えている。関東一円から見物客が訪れる東京の夏の名物だったという。鈴木さんはFM西東京の社長、田無タワーの取締役技監も務める。その後いろんなアイデアが出たなかで、スカイタワーを中心にした「七夕まつり」の企画でまとまった。

 

初の「七夕まつり」を語る実行委員会委員長の鈴木信克さん(左)

 

 鈴木さんは「今回は初めての試みなので企画は手探り状態でした。大勢の子どもたちに来てほしい。夜はタワーの特別ライトアップも考えています。大人もビールまつりで盛り上がれます。多くの人たちに七夕の一日を楽しんでもらい、地域の名物に育つとうれしいですね」と話している。

 主催するのは地元企業らでつくる西東京七夕まつり実行委員会。西東京市が後援、多摩六都科学館が共催となっている。問い合わせは、事務局の(株)田無タワー(電話042-467-1187)まで。
(北嶋孝)

 

【関連リンク】
・西東京七夕まつり2019inスカイタワー西東京(公式HP
・スカイタワー西東京(田無タワー

 

(Visited 585 times, 1 visits today)

One thought on “「七夕まつり」を西東京名物に スカイタワー西東京で初の七夕&地ビールまつり

  1. 1

    流しそうめん、仮装大会などの箇所を補足、詳しくしました。(北嶋)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA