Print This Post Print This Post

公民館、スポーツ施設、こもれびホールなど6月1日から再開

スポーツセンターの正面階段(禁無断転載)

 新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言が解除になって1週間後の6月1日から、臨時休館となっていた市内の公共施設が次々に再開される。5月29日に更新された西東京市のホームページによると、公民館、「きらっと」などのスポーツ施設、保谷こもれびホールなどが6月1日から再開する。

 スポーツセンターの体育室、会議室は6月1日から再開するが、ロッカー、シャワーは当面利用できない。トレーニング室も再開は未定。向台運動場、市民公園グラウンドなどは条件付きで1日から利用可能となる。

 コール田無は6月2日から。
 地区会館では南町、下宿、緑町、谷戸、向台、芝久保、北町のふれあいセンターは1日から、東伏見コミュニティセンターは2日から。そのほか田無、谷戸第二、北原、上向台、芝久保第二の各地区会館は8日からの再開。市民集会所も8日からとなる。

 保育園、児童館、学童クラブの再開日程は検討中。福祉会館、同センターも未定。

 西東京いこいの森公園のボール広場はすでに28日から再開。スケート広場は人数を制限して30日から開放する。
 詳細は、市のホームページ参照。
(北嶋孝)

 

【関連情報】
・市公共施設等の再開等について(令和2年5月29日午後2時現在)(西東京市Web

(Visited 112 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA