Print This Post Print This Post

東京都の新患者57人、20~30代41人 緊急事態宣言解除後の最多 西東京市は1人増の53人 新型コロナウイルス感染

By in 新型コロナウイルス on 2020年6月27日

 東京都は6月27日、都内の医療機関から報告された新型コロナウイルス感染症の新たな患者は57人、そのうち感染経路不明は36人などと発表した。緊急事態宣言が5月25日に解除されてから最多。最近4日間のうち3日間は50人超えだった。年代別では20代が27人、30代が14人、40代と50代がそれぞれ7人。死亡は325人、患者総数は6054人と初めて6000人を超えた。西東京市は1人増え53人になった。

 

出所:都内の最新感染動向から(東京都コロナウイルス感染対策サイト)

 区市町村別の上位は6月26日の時点で、新宿区644人(+12)、世田谷区529人(+4)、港区353人(0)、練馬区299人(+1)、杉並区277人(+4)となった。

 

出所:東京都福祉保健局「新型コロナウイルスに関連した患者の発生について(第526報)」

 

 多摩地域は府中市79人(0)、町田市58人(0)、西東京市53人(+1)、八王子市51人(0)、多摩市38人(0)、調布市37人(0)だった。

 近隣は練馬区299人のほか、小金井市34人(0)、三鷹市30人(0)、小平市27人(0)、武蔵野市22人(0)、東久留米市16人(0)、清瀬市15人(0)などとなっている。
(編注:区市のあとのカッコは前日比)
(北嶋孝)

 

【関連情報】
・新型コロナウイルスに関連した患者の発生について(第526報)(東京都福祉保健局 最新の報道発表
・都内の最新感染動向(東京都コロナウイルス感染対策サイト

 

(Visited 139 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA