Print This Post Print This Post

西東京市の小学生と幼稚園児の計2人が新型コロナに感染

 西東京市は7月28日、西東京市立小学校の男子児童1人と私立幼稚園の女子園児1人がそれぞれ、新型コロナウイルスに感染と同日判明したと発表した。当該小学校は29日から休業。幼稚園はすでに27日から夏休み入り。ともに多摩小平保健所の調査結果・助言を踏まえて今後対応するという。

 発表によると、感染した児童は7月22日(水)が最終登校日。連休中の24日(金)に発症した。園児は21日が最終登園日。22日に発症した。「22日は終業式。この日、園児は休んだ」(秘書広報課)という。ともに28日に感染が判明した。

 感染者は「10歳未満、男性」「10歳未満、女性」と記載されている。発熱、せきなど発症の具体的な症状は見当たらず、PCR検査を実施したかどうかの記載もない。秘書広報課は「発表は保健所と協議、了解を得た内容」と話している。
(北嶋孝)

 

【関連情報】
・市内教育施設における新型コロナウイルスの感染者について(2020年7月28日判明)(西東京市Web

 

(Visited 3,000 times, 4 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA