Print This Post Print This Post

西東京市主催行事は原則中止 3月15日まで62件、卒業式は実施へ 新型コロナウイルス感染防止

By in 市政・議会, 健康・医療 on 2020年2月26日

 西東京市の新型コロナウイルス感染症危機管理対策本部(本部長・丸山浩一市長)は2月26日、感染拡大を防ぐため、市民を対象とする市の主催行事を原則中止すると発表した。中止となったのは2月27日から3月15日までに予定された計62件。「3月16日以降も状況によって適宜見直す」としている。小中学校の卒業式は実施するが、形態は検討中という。

 中止となったのは、2月が市民企画事業の「男も料理」(2月27日)や東京大学名誉教授で詩人の藤井貞和さんを講師に迎える「災厄をまえに言葉は無力か 福島原発事故から考える」(2月29日)など8件。3月前半は、定員100人が予約で一杯となった映画「『ホタル』&トーク」や日本語・オランダ語・スペイン語などで絵本を読む「いろいろなことばでたのしむ おはなし会」(3月7日)など54件に上る。公民館、図書館が主催したり会場になったりしたイベントが多い。

 中止行事の一覧は市のホームページに載っている。(【関連情報】参照)秘書広報課は「市の行事がこれほど多く中止になるのは例がない」と話している。

 発表によると「現段階での公衆衛生上の目標は、感染拡大を防ぐことであり、感染の機会を減らすこと、特に感染者が一度に多くの人を感染させる機会を減らす社会的な取り組みが重要」と行事中止の必要を説明している。

 中止の具体的な「判断基準」では、「市主催で市民を対象とした行事は原則中止」とした上で、「中止できない行事は延期」「中止も延期もできない行事は縮小」とした。特に小中学校の卒業式などは「中止、延期できない」判断ポイントの例として示された。教育委員会の教育企画課は「卒業式は実施するけれども、どういう形で実施するか詰めている段階」と話している。
(北嶋孝)

 

【関連情報】
・新型コロナウイルス感染症に伴う行事の中止について(令和2年2月26日午後6時現在)(西東京市Web
・西東京市新型コロナウイルス感染症危機管理対策本部(第1報)(西東京市Web
・西東京市主催行事の取扱いについて(西東京市Web、PDF:123KB
・西東京市主催行事の取扱いに関する判断基準(中止、延期又は縮小)(西東京市Web、PDF:450KB

(Visited 414 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA