Print This Post Print This Post

東京都の新たな患者250人 西東京市は6人増の105人

By in 新型コロナウイルス on 2020年7月30日

西東京市の感染者内訳(西東京市Webから)

 東京都は7月29日、新型コロナウイルスの感染者は250人と発表した。前日に続き200人を超えた。西東京市の感染は前日より6人増えて105人となり、100人を突破した。西東京市の感染患者が1日に6人増えたのは、4月1日の公表以来、最多となる。

 都が29日から公表し始めた感染者の退院状況によると、西東京市は105人のうち退院、宿泊・自宅療養終了、死亡などが88人、入院・療養中11人、新規6人となっている。

 

都内の最新感染動向(東京都コロナウイルス感染対策サイト)

 

 都内全体では100人以上は21日間続いている。感染経路不明は162人。死亡は1人増え累計329人。患者総数は1万1861人。年代別に見ると、20代100人、30代60人で計160人、64%を占める。40代38人、50代18人、60代以上25人となって中高年にも広がっている。

 区市町村別の上位は新宿区1749人(+16)、世田谷区882人(+14)、中野区567人(+11)、港区534人(+8)、練馬区492人(+8)、杉並区484人(+12)、豊島区404人(+6)などだった。

 

東京都福祉保健局「新型コロナウイルスに関連した患者の発生について(第611報報)」

 

 多摩地域は八王子市138人(+1)、府中市129(+3)、西東京市105人(+1)がいずれも100人台でワースト3。以下、町田市97人(+6)、三鷹市70人(+1)、調布市74人(+5)などだった。

 近隣は練馬区492人、三鷹市70人のほか、小平市59人(+1)、小金井市57人(+1)、武蔵野市47人(+1)、東久留米市44人(0)、清瀬市22人(0)などとなっている。

 地域的にみると、23区も多摩地域も満遍なく増え、歯止めが掛からない状態になってきた。
(北嶋孝)

(編注:区市の後のカッコは前日比。新型コロナウイルス患者数は当日「都内の医療機関から感染症の症例が報告された」分、区市町村別患者数は「都内発生分累計値」の前日データ。「当日時点で調査完了したものを更新」としている)

 

【関連情報】
・新型コロナウイルスに関連した患者の発生について(第611報)(東京都福祉保健局
・都内の最新感染動向(東京都コロナウイルス感染対策サイト
・新型コロナウイルス感染症の市内感染者発生の状況について(西東京市Web

 

(Visited 5,756 times, 3 visits today)

4 thoughts on “東京都の新たな患者250人 西東京市は6人増の105人

  1. 1

    西東京市のどこら辺、又は何関係で感染者が増えているのかを教えて欲しいです。
    人数だけ表示をされても、親も高齢で健常者では無いので、かなり気をつけていますが本当に買い物や小さな事も気になって仕方ありません……
    もう少し情報頂きたいです。

  2. 2

    西東京市の情報ありがとうございます

  3. 3

    西東京市の市長は医師だと思うけど
    何のコメントも発信しない
    東京都の発表としか言わない市役所関係者も無責任
    近隣の市とあまりにも発病人数が違うのでびっくり

  4. 4

    3密状態のディケア施設の噂が耳に入るのですが?西東京市外の病院でもひた隠しにしているようで、不安です。自分で判断しなさい ということ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA